【福井】旧北陸本線(杉津線)を通り抜けて その1 (JR今庄駅でおみやげ篇)

グルメ
この記事は約4分で読めます。

現在の JR北陸本線は、敦賀駅から南今庄駅にかけて、14キロメートル弱の長い北陸トンネルを通っています。

しかし北陸トンネルが完成する前は、鉢伏山(はちぶせやま)を避けるように、大きく海側に回り道しながら、いくつものトンネルを通り抜けていたようです。

前回、旧北陸本線トンネル群を通ったときは、そうとは知らず偶然に迷い込んだだけだったので、改めて通ってきました。

スポンサーリンク

おみやげを買いに今庄駅へ

実際のところ旧北陸本線トンネル群に行くだけなら、国道476号線の交差点「今庄駅入口」の南の方にある丁字路を西に曲がって、県道207号線を進めば良いだけです。

今回はおみやげを買って帰るため、JR今庄駅に立ち寄ることにしました。
以前、駅のおみやげ屋で買った商品が、とても気に入ったのです。

駐車場

JR今庄駅の南北の線路沿いには、無料駐車場があるので便利です。
以前、今庄宿のレトロな町並みを散策したときも、そこに停めました。

おみやげとして新商品も購入

酒粕あられと甘酒飴

酒粕あられと甘酒飴

お気に入りの「紅梅液」と「蔵のかしゅていら」の他には、新たに 2つの商品も買いました。

  • 紅梅液 ……………… 薄めて飲むタイプの梅ジュースの原液
  • 蔵のかしゅていら … 今庄産地酒が染み込んだ、ふわふわのカステラ
【福井】北国街道の今庄宿とその周辺をめぐる話 その7 (気になるお土産篇)
久しぶりに日本海が見たくなって、国道8号線を北上し、福井まで行ってきました。しかし、海岸沿いの道路は交通量が多いので、めぐってきたのは内陸の今庄(いまじょう)付近です。ただ今、北国街道の今庄宿の中を散策しております。もと御札場だった古民家レストラン...

甘酒飴

「甘酒飴」は、甘酒の味とほのかな香りがするソフトキャンディです。
見た感じは、不二家の「ミルキー」に似ています。

今庄宿にお店がある畠山酒造が販売しているので、そこの酒粕を使用しているのでしょう。

甘酒

袋を開けると甘酒の芳しい香りが漂い、食べるとしっかり甘酒の味がします。
酒粕が入っているので、食べすぎると酔ってしまうかも知れません。

酒粕あられ

酒粕あられ

酒粕あられ

「酒粕あられ」は、最近売り出された新商品のようです。
ただ和モダンな外袋に対して透明な内袋がとても小さく、値段の割に内容量が少ないです。

南越前町の今庄観光協会に委託されて、日野あられが作っているそうです(OEM)。
地元でのみ売られており、きっと小ロット生産なので、高くなってしまうのでしょう。

食べてみると、ほのかに酒粕の味と香りがします。
美味しいので食べ続けていると、すぐに袋が空っぽになってしまいました。

旧北陸本線トンネル群へ

さておみやげも買ったので、旧北陸本線トンネル群へ向かいます。

一旦、国道476号線に戻って南下し、西へ曲がって県道207号線を進んでいけば、判りやすいのですが、久しぶりに北国街道の中を通ってみました。

今庄宿はかつて、たいへん栄えた宿場町なのですが、自動車がすれ違うにはすこしばかり狭いので、気を付けて進みます。

県道207号線に出ると、「旧北陸線トンネル群」の案内標識が出ていました。

JR南今庄駅の待合所で確認

 

JR南今庄駅を利用する方たちのために用意された、駐車場付きの待合所まで来ました。
来た道を振り返ると、ちょっと離れたところに駅のホームが見えます。

鹿蒜地区案内図

鹿蒜地区案内図

駅の待合所に設置されている「鹿蒜(かひる)地区案内図」によると、この先で北陸本線は北陸トンネルに入るようです。

遠くの方を見ると、北陸トンネルの入り口が小さく見えました。

 

次は旧北陸本線トンネル群を見に行きます。

【福井】旧北陸本線(杉津線)を通り抜けて その2 (大桐駅跡とスイッチバック跡篇)
旧国鉄の北陸本線は北陸トンネルが完成する前、敦賀駅と南今庄駅の間を、鉢伏山(はちぶせやま)を避けて海側に回り道しながら、いくつものトンネルを通り抜けていたそうです。 それらは旧北陸本線トンネル群とよばれるのですが、前回はそれを意識しないで通ったので、改めて通ってきました。 JR今...

コメント

タイトルとURLをコピーしました