【香川】小豆島はオリーブの香り漂う瀬戸内海の楽園 その1 (姫路から小豆島へ篇)

その他 観光旅行
この記事は約4分で読めます。

小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブの生産が盛んな島です。

香川県小豆郡(しょうずぐん)に属しており、小豆島町(しょうどしまちょう)と土庄町(とのしょうちょう)の 2つに分かれています。

ただ小豆島について、ほどんど何も知らなかったので、母と妹と 3人で一泊旅行に行ってきました。

小豆島観光協会【公式】
小豆島観光協会では小豆島の観光情報や、歴史・文化、グルメなど小豆島についての情報を随時発信しております。綺麗な自然や楽しみが沢山詰まった小豆島にあなたも訪れてみませんか?
スポンサーリンク

姫路駅からタクシーで姫路港へ

フェリー

小豆島へは、本州のいくつかの港と香川県の高松港から渡れますが、今回は兵庫県の姫路港から小豆島フェリーに乗ることにしました。

瀬戸内海の離島・小豆島への旅情報サイト
小豆島までのアクセス方法やフェリー航路時刻表・運賃表、ホテルなどの宿泊施設、人気の観光スポット、路線バスやレンタカー・レンタサイクルなど島内での移動手段、コンビニやスーパーなど店舗情報、ビーチ・海水浴場など小豆島旅行に役立つ情報を掲載しています。

JR姫路駅までは新幹線で行って、そこから路線バスに乗るつもりでしたが、フェリーの出港時刻に遅れてしまいそうなので、タクシーを利用することに。

タクシー

正確なタクシー料金は忘れましたが、約2,500円で姫路港に到着しました。
もうすこし早めの新幹線に乗っていれば、路線バスでも間に合ってのですけどね。

姫路ポートセンターで切符を買って

小豆島フェリー運賃表

小豆島フェリー運賃表

タクシーを降りるとそこはもう、姫路ポートセンターの前です。
建物の中に入ると広い待合所になっていて、右奥に乗船券売り場がありました。

姫路発・小豆島福田行きの便は、およそ2時間に 1本なので、乗り遅れると危なかったです。

小豆島フェリーの切符

小豆島フェリーの切符

購入した小豆島フェリーの切符は、小さくてペラペラで水にも弱そうです。
折り曲げたり無くしたりしないように、気を付けて持つことにしました。

小豆島行きの案内

小豆島行きの案内

しばらく待合所で休憩していると、小豆島行きのフェリーが着港している時刻になりました。
ディスプレイの案内に従って、フェリー乗り場に向かうことにします。

小豆島フェリーに乗り込む

小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」

小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」

フェリー乗り場まで歩いていくと、小豆島フェリーが着岸しており、すでに車両の積み込みが始まっていました。

改札のおじさんに検印をもらったら、いよいよ乗船です。

小豆島フェリーの搭乗口

小豆島フェリーの搭乗口

タラップを登って、初めて見るゆるキャラの横にある搭乗口から、フェリーに乗り込みます。

オリーブしまちゃん

オリーブしまちゃん(手を触れないでね)

すると件(くだん)のゆるキャラが、くつろいだ様子で椅子(いす)に腰掛けていました。

調べたところによると彼は、小豆島のフリーペーパークーポン情報紙「Eedee!」のイメージキャラクターで、「オリーブしまちゃん」といいます。

http://www.eedee-web.com/

どうやら当日は、フェリーの乗組員として一日中、船に乗っているようでした。

家島諸島の北側を通って

家島諸島の西島

家島諸島の西島

しばらく小豆島フェリーに乗っていると、進行方向左側にいくつかの島が見えてきました。
それらは家島諸島(いえしま しょとう)といい、大きな島には人が住んでいるようです。

また花崗岩(かこうがん)の採掘も盛んなようで、白っぽい地表が見えています。

花崗岩とは、マグマが地下深くで固まった深成岩の一種で、石材としては御影石(みかげいし)とよばれています。

カヌーに乗る男性

ちなみに西島の南側の入江には、兵庫県立いえしま自然体験センターがあります。
姫路ポートセンターで船を待っていたとき、そこへ向かう親子たちを見掛けました。

小豆島の福田港に到着

小豆島福田港

小豆島福田港

さて 1時間40分の船旅を終えると、ようやく小豆島の福田港に到着しました。
福田港のすぐ後ろには、巨大な山が迫っており、ほぼ垂直に切り立った崖が見えています。

小豆島フェリーから降りたら早速、姫路行きフェリー切符売り場のマリンレンタカーに行って、予約してあったレンタカーを借りました。

マリンレンタカー – 小豆島へのお仕事・観光・レジャーは四国フェリーグループ・小豆島フェリーで/香川県高松市・姫路・岡山
オリーブの風が薫る小豆島へ!小豆島観光・ビジネスに快適な船旅を小豆島フェリーでお楽しみください。『船旅・島旅』四季折々の風景は、あなたを癒し、ひとときの安らぎに包まれることでしょう。

カーナビを見る女性

乗り慣れない車種なので出発するのに多少手間取りましたが、なんとか小豆島の町へ走り出しました。

 

次は寒霞渓ロープウェイに乗ります。

【香川】小豆島はオリーブの香り漂う瀬戸内海の楽園 その2 (寒霞渓ロープウェイ篇)
小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブの生産が盛んな島です。 ただ小豆島について、ほどんど何も知らなかったので、母と妹と 3人で一泊旅行に行ってきました。 まずは新幹線で JR姫路駅まで行って、タクシーに乗り込み姫路港へ、小豆島フェリーでの船旅を楽しんだあとは...

コメント

タイトルとURLをコピーしました