【香川】小豆島はオリーブの香り漂う瀬戸内海の楽園 その2 (寒霞渓ロープウェイ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブの生産が盛んな島です。

ただ小豆島について、ほどんど何も知らなかったので、母と妹と 3人で一泊旅行に行ってきました。

【香川】小豆島はオリーブの香り漂う瀬戸内海の楽園 その1 (姫路から小豆島へ篇)
小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブの生産が盛んな島です。 香川県小豆郡(しょうずぐん)に属しており、小豆島町(しょうどしまちょう)と土庄町(とのしょうちょう)の 2つに分かれています。 ただ小豆島について、ほどんど何も知らなかったので、母と妹と 3人で一泊旅行に行ってきま...
小豆島の観光地図

小豆島の観光地図(小豆島フェリーにて入手)

まずは新幹線で JR姫路駅まで行って、タクシーに乗り込み姫路港へ、小豆島フェリーでの船旅を楽しんだあとは、レンタカーに乗って小豆島観光に出掛けました。

スポンサーリンク

南風台からの眺め

小豆島南風台

南風台

さてせっかく瀬戸内海の小豆島に来たので、高台から広大な海を眺めたくなります。
福田港から時計回りに海岸沿いを走っていたら、「南風台」という良い場所がありました。

梅雨の時期ということもあって、空には雲が多く、遠くの方が霞んでしまいよく見えません。
ただ海から吹いてくる潮風はとても心地よかったです。

ちなみに南風台の下から城ヶ島までは、定期的に「希望の道」とよばれる道が出現します。
大潮の時期で干潮のころなら、城ヶ島まで歩いて渡れるようです。

ボクたちが「南風台」を訪れたときは、そもそも大潮の時期ではありませんでした。

気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表
気象庁が提供するページです

寒霞渓のふもと、紅雲亭へ

次の目的地である寒霞渓(かんかけい)は、山頂まで「ブルーライン(県道29号線)」がつながっているので、そのまま自動車で登っていけます。

ただそれではまったく面白くありません。
寒霞渓の雄大な絶景を間近から拝むため、寒霞渓ロープウェイの紅雲亭駅に向かいました。

寒霞渓周辺案内図

寒霞渓周辺案内図

ちなみに紅雲亭とは、寒霞渓ロープウェイの紅雲亭駅の近くに建てられたあずま屋です。
駐車場から「表神懸線(表十二景)」の方へ、すこしばかり登ったところにあるようです。

寒霞渓ロープウェイ乗り場

まずは寒霞渓ロープウェイ紅雲亭駅まで上がっていき、切符売り場で切符を買います。

寒霞渓の登山道には、「表神懸線(表十二景)」と「裏神懸線(裏八景)」の 2ルートがあって、どちらを通ってもさまざまな奇岩が見られるようです。

寒霞渓ロープウェイ乗車券

寒霞渓ロープウェイ乗車券

本当なら下りはどちらかの登山道を歩きたかったのですが、今回は家族と一緒なので往復切符を買いました。

寒霞渓のホームページの割引クーポンを使ったら、団体乗車券になりました。
小豆島の観光なら寒霞渓ロープウェイへ/日本三大渓谷美「国立公園 寒霞渓」- 小豆島観光
香川県の小豆島にある観光スポット「国立公園 寒霞渓」を一望できる寒霞渓ロープウェイのページです。- 日本三大渓谷美 小豆島観光 -
カード「寒霞渓ロープウェイ」

カード「寒霞渓ロープウェイ」

なお切符売り場でお願いすると、寒霞渓ロープウェイカードがもらえました。
はじめてもらったロープウェイカードだったので、かなり嬉しかったです。

寒霞渓ロープウェイに乗って

ロープウェイから見る奇岩

ロープウェイから山頂駅を見て

さてロープウェイ乗り場に居るときから、すでに奇岩は見えていたのですが、ロープウェイが動き出して山頂へ上がっていくと、さらに巨大な奇岩の山がそびえ立っていました。

ロープウェイから見る半島

ロープウェイからふもとを見て

そもそも四国や瀬戸内海の島々は、南方の海底火山から流れ出たマグマが、ゆっくり冷え固まることにより出来た花崗岩層が、隆起することで形造られたと考えられています。

小豆島のそこかしこに花崗岩の採石場があるのは、そのお陰のようです。

 

次は寒霞渓の山頂を歩きます。

【香川】小豆島はオリーブの香り漂う瀬戸内海の楽園 その3 (寒霞渓山頂篇)
小豆島(しょうどしま)は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブの生産が盛んな島です。ただ小豆島について、ほどんど何も知らなかったので、母と妹と 3人で一泊旅行に行ってきました。小豆島の観光地図(小豆島フェリーにて入手)福田港からレンタカーに乗って、まずは海沿いの道を南に進み...

コメント

タイトルとURLをコピーしました