【オリンピック】平昌の冬季オリンピックは、見逃せない出来事が目白押し

独り言
この記事は約3分で読めます。

平昌(ピョンチャン)オリンピックが終わりましたね。オリンピックは毎回、あまりちゃんと見ていません。

男性アナウンサー

しかし、ちゃんと見ていなくても、ニュース番組を見ていれば、ある程度は選手の頑張ったシーンを見られます。

ということで、今回の冬季オリンピックでたまたま目についたことについて、独断と偏見で少し書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

そだねー、銅メダル獲得してよかったねー

カーリング女子

日本のカーリング女子は、なんと今回はじめてのメダルをゲットされたそうですね。
おめでとうございます。

もちろん、カーリングチーム LocoSolare(ロコソラーレ/LS北見)の選手本人たちの努力の賜物だと思います。

しかし、影で支えてくれている人たちのことも決して忘れてはいけません。

ロコ・ソラーレ
北海道北見市常呂町を拠点として活動する 女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ(Loco Solare)」公式サイトです。【無断転載禁止】本サイトの記載記事及び掲載写真の複製、転載、放送を禁止します。…

もぐもぐタイム

ただ、カーリング女子は銅メダル獲得だけではなく、明るい話題も提供してくれました。

肉まんを食べる女性

試合中盤の「もぐもぐタイム」や作戦を確認する時の「そだねー」です。
忘れられない言葉なので、今年の年末の流行語にノミネートされますかね?

カーリング女子は今後、指導者や解説者として活躍してくれることを期待しています。

海を越えた友情!

スピードスケート女子

日本のスピードスケート女子は、たくさんのメダルをゲットできました。
大変素晴らしいことだと思います。

ただ、試合中に見せた、日本の小平奈緒選手と韓国の李相花(イ・サンファ)選手との友情が素晴らしかったと思います。

日本と韓国の国同士も、心の底からこのような関係になれたらいいのですけどね。

他人を思いやる気持ち

また、小平奈緒選手は自分が滑走した後、次に滑走する選手たちのために、気遣う姿を見せました。

口に人差し指を当てる女性

なかなか静かになろうとしない観客に向かって、そっと自分の唇に人差し指を当てて、静かにするように促しました。

なかなかできることではありません。
2年後の東京オリンピックでも、このような心温まる光景が見られたらなぁ~

公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation
こちらのページは公益財団法人 日本スケート連盟のTOPページです。

ショートやフリーの演技もすばらしいが

フィギュアスケート男子

日本のフィギュアスケート男子は、金メダルと銀メダルを、羽生結弦選手と宇野昌磨選手の2人でゲットしましたね。

フィギュアスケート女子

たゆまね努力が功を奏したんだと思いました。
おめでとうございます。

ただ、フィギュアスケートの中で一番好きなのは、やっぱりエキシビションです。

エキシビションやフィナーレの方が見ていて楽しい!!!

フィギュアスケート男子

いつも思うのですが、エキシビションって、みなさん楽しそうにのびのびと滑っているので、その人本来の姿が見られるような気がします。

それに、ショートやフリーでは禁止されているようなことも、エキシビションならやってくれますしね。

その昔、若かりし日の佐野稔さんが、よくバック転してましたよね

フィギュアスケートペア

また、フィナーレで各国の選手が、仲良く滑っているのも微笑ましくていいですね。
羽生選手が、他国のペアの男性選手にリフトアップされていましたよ。

あとがき

いつのまにか商業主義みたいになってしまったオリンピックですが、始まった当初はもっとシンプルな大会だったはずです。

現在ではテレビ中継を意識した施設を、新しく作ることがお決まりなので、オリンピックを開催できるのは、お金がある国に限られてしまいました。

2020年東京オリンピック

とにもかくにも差し当たっては、2020年の東京オリンピックが成功することを願っています。

gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト
民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。最新の平昌オリンピックの感動のシーンをはじめ、北京オリンピック以降の大会を中心にハイライト映像が4000本以上。日本人選手の金メダルの瞬間はもちろん、伝説的な海外選手の往年の雄姿が甦ります。何度でも見たい名シーンが満載のサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました