【滋賀・岐阜】米原市大野木の大峰山を越えて その1 (関ヶ原側から無線中継所へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県米原市大野木(まいばらし おおのぎ)と岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)の間には、大峰山(おおみねやま、別名:大野木山)がそびえています。

小学生の頃に一度、遠足で大峰山頂上の千畳敷まで登ったことがあります。
全行程が徒歩だったので、帰り道はみんなフラフラになっていました。

久しぶりに登ってみたかったのですが、ふもとの大野木集落には駐車場が見当たりません。
仕方がないので、岐阜県側から大峰山に登ってみました。

スポンサーリンク

大峰山の岐阜県側林道入り口へ

県道229号線、山の上に無線中継所
県道229号線、山の上に無線中継所

実際のところ、岐阜県側から大峰山の頂上へと続く登山道などはありません
歩きやすそうなところを探しながら、ひたすら登っていくだけです。

まずは県道229号線(牧田関ヶ原線)を関ヶ原町玉方面に歩いていきました。
山の上に小さく見えるのが、大峰山の上にある NTTドコモの大野木無線中継所です。

小さな橋を渡ると、お誂(あつら)え向きの林道がありました。
とりあえずは林道を、行けるところまで歩いてみることにします。

林道はある程度、奥まで行ったところで、行き止まりになります。

ゆるやかな林道を終点まで

林道は軽トラックが通ることを想定しているので、勾配がゆるやかです。
大した汗をかくこともなく、順調に奥へ奥へと歩いていきました。

クマとの遭遇

途中で崖下の谷川の中を、黒っぽい動物が駆け抜けていくこともありましたが、危険動物と遭遇することもなく、順調に歩いていけます。

林道の終点
林道の終点

ということで、谷川に架かる橋を渡ったところで、林道は終点になりました。
ここからは谷川に沿って歩いていきます。

谷川に沿ってさらに上流へ

谷川沿いは、遊歩道が整備されている訳ではありません。
歩きやすそうな場所を探して、川岸を右へ左へ移動しながら、上流に進みました。

鹿の親子

このあたりではよく見掛けますが、途中で 2頭のシカと遭遇することも。
こちらを警戒しているようで、すぐにどこかへ逃げていきました。

ある程度進んだところで、今度は左側の支流に沿って進んでいきます。
支流の流れが無くなったら、急勾配の崖を登って、ヤブのない方へ歩いていきました。

林業の方の歩いた跡があったので、それをたどったら比較的ラクでした。

大野木無線中継所を確認

ということで、無事に大峰山の尾根筋に出ました。
自動車が通るようで、地面には轍(わだち)が残っています。

まずは右(北)の方へ進んでみると、ふもとから見上げていたNTTドコモ無線中継所が見えました。
小学生の頃にもありましたが、たぶん当時とは別物なのでしょうね。

次は尾根筋を反対方向へ歩いて、千畳敷のある大峰山の頂上方面へ向かいました。
道は警察庁無線中継所の横を抜けて、さらに奥へと続いているようです。

次は千畳敷を歩きます。

コメント

  1. 藤井敬三 より:

    NHKの無線中継所ではなく,警察庁のです。

タイトルとURLをコピーしました