【岐阜】瑞浪市稲津町の小里城跡を巡って その3 (本丸と天守台と石切場篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県瑞浪市稲津町(みずなみし いなつちょう)には、小里城跡(おりじょうあと)があります。
この前、恵那市明智町へ城跡を見に行った帰りに偶然、見つけました。

ということで、小里城跡を見に行ってきました。
天守台までは比較的簡単に登れますが、搦手道を歩くのは結構たいへんです。

小里城山城縄張図
小里城山城縄張図

御殿場跡から、大手道を登って、展望所近くのの間を通り抜けたあとは、大手曲輪跡を通って、二の曲輪跡まで来ました。

スポンサーリンク

山頂の小里城本丸跡

さて二の曲輪跡からは、根っこだらけで大石が点在する坂道を登っていきました。
本来の大手道では無さそうですが、石垣の崩れているところが山頂への通路になっています。

山頂に着くと、大人数でも雨宿りできそうなあずま屋が建てられていました。
あずま屋横の展望所からは、ふもとの町並みがかなり小さく見えます。

小里城本丸跡

ということで小里城本丸跡に着きました。
本丸跡の中央には、野面積みの大きな天守台(別名、枡型)がそびえています。

案外せまい、天守台の中

天守台の入口がある北側へ行ってみると、あたりにはおびただしい数の大石群が散乱していました。
加工した跡が残っている大石は、かつて天守台に使われていたものと思われます。

昭和20年代に天守台が修復されるまでは、風雪にさらされて草に埋もれ影もなかったそうです。

天守台入り口

折角なので、天守台の中に入ってみることにしました。
緩やかに左へ曲がりながら、天守台の入り口へ続く石段を登っていきます。

どのような建物が上にあったのかは判りませんが、天守台の中は立てこもって戦うにはせまく感じました。
ちなみに天守台の奥には現在、小里城山神社の祠(ほこら)が設置されています。

本丸東側の石切場跡

さて天守台から外へ出て、本丸跡の東側へ歩いていくと、天守台の角に巨岩が使われていました。
簡単に登れてしまいそうなので、修復した人が遊び心で置いたのかも知れません。

奥まで続く石切場跡

その隣には、斜面の下の方まで続く石切場跡がありました。
この山は石灰岩が豊富なので、石垣に用いる石を調達していたのでしょう。

足元の大石を見ると、くさびを打ち込むための矢穴(やあな)が残されていました。
まるでケーキを切るかのように分割されたまま、その場で放置されている大岩もあります。

帯曲輪を通って谷あいへ

つぎは搦手道(からめてみち)を歩くために、帯曲輪跡の方へ下っていきました。
斜面には長年の風雨で角の取れた大岩が、足の踏み場もないほど至るところに転がっています。

帯曲輪跡からは、搦手道へと続く道を探して、天守台の裏側を歩き回ってみました。
ところがいくら探しても、それらしき道はありません。

仕方がないので、荒れた急勾配の斜面を適当に下ってしまいました。
谷あいから向かいの斜面を見上げると、「搦手道」と書かれた立て札が見えます。

つぎは搦手道を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました