【お正月】ネットで注文した京都祇園の料亭のおせち料理は、見た目も味も格別!

独り言
この記事は約3分で読めます。

今までおせち料理は、近くのショッピングセンターやコンビニなどに頼んでいました。

今年はちょっと趣向を変えて、京都祇園の料亭が監修しているという、おせち料理をインターネットで注文してみました。

真面目な顔でニュースを読む女性

初期のインターネット注文のおせち料理については、中身がスカスカ問題がありました。
ニュースで頻繁に取り上げられていましたが、最近はそんな話も聞かなくなりました。

【お正月】おせち料理が早期割引されていたので、早めに注文しておきました
子どもの頃、ボクの家ではおせち料理などというお重に詰めた料理はありませんでした。お正月になると、ニシンの昆布巻き、焼き鮭とすじ子、雑煮や粕汁、焼き餅などを頻繁(ひんぱん)に食べていました。ニシンの昆布巻き雑煮焼き餅また毎年冬になると、北海道の旭川市に住んでいる大叔母(祖母の...
スポンサーリンク

おせち出荷および配送の案内

手紙を届ける鳥

大晦日(おおみそか)から数えて10日前(2018年12月21日)、おせち料理を注文した会社から、出荷および配送の手配が完了した旨のメールが届きました。

もうすこし直前になってから、おせち料理を作って出荷するのかと思っていました。

ただよく考えてみれば、そうするのも当然です。
何か予期せぬトラブルが発生したときに、おせち料理を出荷し損なうおそれがあります。

おせち料理は元日の朝、食卓の上に乗っていないと意味がありませんからね。

配送日までは宅配業者が冷凍保存

ただあまりにも早く、おせち料理が自宅に到着してしまうと困ります。

ということで配送予定日になるまでは、どこか安全な冷凍倉庫内で、料理が傷まないように保管してもらう必要があります。

冷凍車

その点では最近の宅配業者は打って付けです。
冷凍状態で配送することはもちろん、一時的に冷凍倉庫で保管もしてくれます。

10日程度なら早めに、おせち料理出荷してしまっても大丈夫なのでしょうね。

おせち料理が到着

さて年の暮も押し迫った 12月30日、ようやくおせち料理が自宅に届きました。
おせち料理の早期割引きのため 9月に注文したので、実物を見るまでに 3ヶ月掛かりました。

早速、発泡スチロールの箱を開けて風呂敷包みを解き、3段重を並べてみました。

コンビニ

以前コンビニで注文したものは、重箱と重箱の間にセロファンが敷いてあるだけでした。
しかし今回のおせち料理は、重箱全体をまるごとラップしてあり、さらに衛生的です。

では再び積み重ねて風呂敷で包み、元日までしばらく待ちます。

元日の朝になったので

元日の朝のおせち料理

元日の朝のおせち料理

それから数日、ようやく元日の朝になったので、いよいよおせち料理を食べることに。

去年までのコンビニのおせち料理と違い、見た目がかなり華やかです。
食べてみると、やっぱり京都の料亭監修なので味付けがいいですね。

ただ、インターネットで注文するときに見た写真とは、雰囲気が違います。
写真では料理が重箱からはみ出していたので、より豪華そうに見えていました。

板前の男性

しかし京都祇園の料理人が、監修しているおせち料理だけのことはあります。
今までのものとは比べ物になりません。

あとがき

インターネットでおせち料理を注文するのは、すこしばかり訝(いぶか)しかったのですが、それはもう遠い昔の話。

現在では注文数を限定していますので、食材が足りなくてスカスカのおせち料理になることも、もう無くなったようです。

おせち料理

今回ちゃんとしたおせち料理が届いたのことで、少しホッとしました。
毎年同じではつまらないので、次回は別の料亭のおせち料理を食べてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました