【滋賀】近江商人発祥の地五個荘を巡ってきた話 その6 (金堂のまち並み篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

五個荘(ごかしょう)の近江商人(おうみしょうにん)に興味があったので、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)の五個荘を訪ねることにしました。

近江商人博物館を見終わりましたので、金堂のまち並みを見に行きます。

【滋賀】近江商人発祥の地五個荘を巡ってきた話 その1 (藤井彦四郎邸の客殿まで篇)
以前、国道8号線を走っていたときのこと、滋賀県東近江市五個荘(ひがしおうみし ごかしょう)で、たまたま立ち寄ったコンビニの隣に、地元の農産物の直売所がありました。 そのお店の名前は、「野菜果物直売所まんまるや」といい、地元の野菜や果物だけでなく、パンやお菓子も売っていました。 ...
スポンサーリンク

大城神社の横の大通りを通って

五個荘の道案内

五個荘の道案内

近江商人博物館の前の道を南西に進むと、金堂のまち並みや近江商人屋敷がある方向を指し示す道案内がありました。

祭・馬場通り

祭・馬場通り(大城神社の南の角)

途中、大城神社(おおぎじんじゃ)の横の大通りを歩いていったのですが、晴れていたので気温が高く、日陰になっているところも少なかったので、大変暑かったです。

稚児行列

なお毎年 4月中頃になると、大城神社ではお祭りが執り行われるようです。
その際には、この大通りを様々な行列やお神輿が通るので、大変賑やかになるようです。

寺の門前を彩る色とりどりの鯉

さて、大通りを歩いていくと、浄栄寺(じょうえいじ)というお寺の角に到着しました。

浄栄寺前の川

浄栄寺前の川

お寺の前には川が流れ、たくさんの鯉が泳いでいるのですが、どの鯉もかなり大きいです。
藤井彦四郎邸からの帰り際に、係りの方が何度も勧めてくださった気持ちが分かります。

弘誓寺の山門

弘誓寺の山門

弘誓寺(ぐぜいじ)の境内に入ってみましたが、暑いので散策はほどほどにして、今度は川の南西にある四つ辻まで歩いていきました。

人工的な川は味気ない

寺前・鯉通り

寺前・鯉通り

まっすぐに伸びた人工的な川の中を、何匹もの錦鯉や黒鯉が優雅に泳いでいました。
ただ、川が整備されてしまって石だらけなので、何だかちょっと味気ない感じです。

浴衣のカップル

川の中に梅花藻なんかが生えていて、川端が木陰になっていると、見に来る観光客も増えると思うのですけどね。

最近はことさら暑いので、観光客の姿も見当たりません。

金堂まちなみ保存交流館

さてそれでは、角を曲がって北西に進みます。
無料駐車場のある交差点で右折して北東に進むと、塀に囲まれた古民家が現れました。

金堂まちなみ保存交流館

金堂まちなみ保存交流館

その古民家は、金堂まちなみ保存交流館といい、もともとは中江富十郎さんという方の邸宅だったところです。

あきんど通り

あきんど通り(金堂まちなみ保存交流館の前から)

入館料が無料なので、ぜひとも入りたいところです。
ただまだ残り 3館も、有料施設を回らなければならなかったので、今回は止めておきました。

つぎに五個荘を訪れたときには、たっぷり中を見たいと思います。

今は観光しやすくなりました

あきんど通り

あきんど通り

実はむかし、近くの石馬寺(いしばじ)や観音正寺(かんのんしょうじ)に行ったことがあり、そのついでに金堂のまち並みのあたりを歩いたことがありました。

駐車場

そのときは、現在の「ぷらざ三方よし」の場所に車を停めて、前の道を北東の方へ、近江商人の屋敷跡ってどんな所だろうと思いながら、歩いて行きました。

キョロキョロと探す男性

ただ、当時は古い町並みが残ったところを、気が向くままに歩いていただけだったので、すぐに飽きて帰ってしまったのですけどね。

たいへん観光しやすくなりました。

次は、中江準五郎邸に行きます。

【滋賀】近江商人発祥の地五個荘を巡ってきた話 その7 (中江準五郎邸篇)
五個荘(ごかしょう)の近江商人(おうみしょうにん)に興味があったので、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)の五個荘を訪ねることにしました。 金堂(こんどう)のまち並みを見ながら、中江準五郎邸を見に行きます。 中江準五郎邸で人心地 さて、金堂まちなみ保存交流館(旧中江富十...

コメント

タイトルとURLをコピーしました