【滋賀】近江商人発祥の地五個荘を巡ってきた話 その9 (外村宇兵衛邸の母屋篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

五個荘(ごかしょう)の近江商人(おうみしょうにん)に興味があったので、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)の五個荘を訪ねることにしました。

外村宇兵衛邸の庭の散策が済みましたので、外村宇兵衛邸の母屋を拝観します。

スポンサーリンク

今でも動き続ける古い振り子時計

ふたたび外村宇兵衛邸の中に入り、土間から座敷へ上がりました。

そういえば、昔はどこの家に行っても、表玄関から裏口まで土間でつながっていて、土間からそれぞれの部屋に上がれました。

だるま時計
だるま時計(振り子が今でも動き続けています)

さて、座敷に上がると柱には、昔懐かしい雰囲気の柱時計が掛かっていました。
ただ、こんな珍しい 8の字型のねじ巻き式振り子時計を見るのは初めてでした。

大きなのっぽの古時計

アメリカのEイングラハム社製の振り子時計なのですが、150年近く経った現在でも、滑らかに振り子が揺れています。

また、表面に貼られた金箔がかなり残っているので、時計は今なお輝きを放っています。

外村宇兵衛邸の座敷

古い色紙や扇子が貼り付けられた屏風
古い色紙や扇子が貼り付けられた屏風

となりの部屋に行くと、一風変わった屏風と出会います。
古くなった色紙や短冊、使えなくなった扇子の紙を、屏風の柄として再利用してあります。

これは、ものを無駄にせず最後まで使い切るという、近江商人の始末の心を端的に表したものではないでしょうか。

座敷とその奥の仏間
座敷とその奥の仏間

そんな屏風のカラフルバージョンが、部屋の左奥の方にも飾られています。
部屋の奥に飾るところが、奥ゆかしくて、これまた近江商人らしいと思います。

箪笥の上に飾られた天目茶碗

箪笥の上に布引焼きの碗
親箪笥、子箪笥、孫箪笥(箪笥の上には布引焼きの碗)

つぎに奥の部屋に行くと、大きな箪笥(たんす) 2棹(さお)が置かれていました。
箪笥の側面上端にはよく、棹で運ぶための金具が取り付けてあります。

ここの金具は逆Uの字をしているので、最初誰か取り付けを間違えたのかと思いましたが、よく見ると上にスライドさせてから棹を通すタイプのようです。

陶器

なお、箪笥の上に載せてある布引焼き(ぬのびきやき)の茶碗は、特別な釉薬を使った天目茶碗だそうです。

じっくりと茶碗を見てこなかったのが悔やまれます。

紳士だったら知っている蔵

蔵の入り口
蔵の入り口

さて、突き当りまで進むと、立派な土蔵の入り口に到着しました。
白く塗られた扉や壁の段々を見ると、かなりの厚さであることが、見て取れます。

御幸毛織株式会社
御幸毛織株式会社(撮影中の本人が写り込んでいます)

土蔵の中を一番奥まで進んでいくと、昔CMでよく見た、御幸毛織株式会社に関するものが展示してあります。

紳士だったら知っている、服地はミユキと知っている♪
ミユキ、ミユキテックス!ミユキ、ファンシーテックス!
(御幸毛織のCMソングから)

残念ながらボクは、ミユキのウールの服地でスーツを仕立てたことがないのですが、着心地はどのような感じだったのでしょうか?

なお、御幸毛織株式会社の初代社長が、四代目外村宇兵衛元亮さんでした。

外村宇兵衛邸の二階

外村宇兵衛邸の階段
外村宇兵衛邸の階段(ちゃんと引き出しがついてます)

では、箪笥になった階段を上がって、母屋の二階を見て回ります。

外村宇兵衛邸の二階の屏風
外村宇兵衛邸の二階の屏風

これまた二階にも、近江商人の始末の心を表すような屏風が置いてあります。

ただ今度は、唐の白居易などの漢詩が貼られているようです。
意味は、さっぱり判りません。

外村宇兵衛邸の二階の掛け軸
外村宇兵衛邸の二階の掛け軸

別の部屋に行くと、壁にかけられている 2幅の掛け軸もなんだか中国風に見えてきます。
そういえば、照明器具が中国風といえば中国風です。

二胡を弾く女性

中江四兄弟のように、大陸への進出を見据えていたのでしょうか?

次は、外村繁邸へ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました