【パラコード】裏返してもオニヤンマっぽい、4本ひも丸編みブレスレットを応用して

その他 ハードウェア
この記事は約10分で読めます。

最近は、パラコードを使っていろいろなものを編むのにハマっています。
始まりはパラコードで作ったオニヤンマ型虫よけでしたが、この頃はもっぱらブレスレットです。

ブレスレットの編み方はさまざまで、ユーチューブ(YouTube)でいろいろな人が公開していました。
シンプルなものから凝ったものまであるので、いくつかブレスレットを作ってみることに。

オニヤンマ

するとそのうちの一つに、オニヤンマ型虫よけっぽく作り変えられそうなものがありました。
黄色と黒色がなかったので、有り合わせで作りましたが、裏返してもストライプ状に見えます。

オニヤンマ型虫よけの効果は、いまひとつよく判っていません。

パラコード550を購入

はじめてオニヤンマ型虫よけを作ったときは、細めのパラコードを使いました。
ただユーチューブを見ていると、多くの人が太くて丈夫なパラコード550 を使っているようです。

動画の中で表示されるパラコードの必要な長さは、パラコード550 が基準になっていました。
細めのパラコードについては通常、いっさい触れられていません。

パラコード550
パラコード550

ということで、パラコード550 を新たにいくつか買ってみました。
単色からカラフルなものまで、さまざまな色が用意されているので、好みが分かれるところです。

\どのショップで探しますか?/

4本ひも丸編みブレスレット

オニヤンマ型虫よけを作るのに使ったブレスレットの編み方は、つぎのものです。
パラコードで作られるブレスレットの多くは、断面が平らになりますが、これはまん丸になります。

4 Strand Round Braid Knot and Loop Paracord Bracelet Tutorial

けっこう編むのが難しいので、動画では治具を使っていました。
ただ指先の動きを見ながら何本か編んでみると、しだいにコツが掴(つか)めてきます。

\どのショップで探しますか?/
4本ひも丸編みブレスレット
4本ひも丸編みブレスレット

ということで、断面の丸いブレスレットが出来上がりました。
実際にはらせん状に編まれているのですが、ストライプ状にも見えます。

オニヤンマ型虫よけに応用

パラコードで作るオニヤンマ型虫よけは、一般的にクロスステッチ平編みで編まれています。
ただ問題は、裏返しになったとき、編み目がまったく変わってしまうこと。

その問題を解消するために、断面の丸いブレスレットを応用することにしました。
たとえ裏返しになったとしても、編み目はストライプ状(実際はらせん状)に見えます。

4本ひも丸編みオニヤンマ
4本ひも丸編みオニヤンマ

ということで、有り合わせのパラコードを使って、オニヤンマ型虫よけを作ってみました。
黄色と黒色のパラコードで編めば、もっとオニヤンマらしくなりそうです。

あとがき

パラコードで作られたオニヤンマ型虫よけって、本当に効果があるのでしょうか。
透明なプラスチック空間の中に無数の蚊を放ち、そこにオニヤンマ型虫よけを入れると蚊が壁にへばりつく?

蚊

ただパラコードで作られたオニヤンマ型虫よけは、マスコットとしてかわいいんですよね。
リュックサックからぶら下がっていると、人の心をなごませる効果がありそうです。

ところが現在までのところ、山中でオニヤンマ型虫よけを見かけたことがありません。
ブームはもう、知らないうちに終わってしまったのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました