【神対応】PFU製キーボードのキートップを壊しましたが、無償で交換部品を貰えました

パソコン
この記事は約6分で読めます。

ボクは、PFU製のキーボード Happy Hacking Keyboard Lite2(以下、HHKB Lite2)を使っています。
最初に使っていた 白色でPS/2接続のものと合わせれば、たぶん 20年ほどになるでしょう。

先日キーボードを見ると、あまりにもホコリが溜まっていたので、久しぶりに掃除をすることに。
工具がないので、適当にキートップを引き抜いていたら、あろうことか一つだけ割れてしまいました。

キーボード

PFU社に、キートップを購入したい旨をメールで伝えると、無償で送ってくださるとのこと。
封筒の中には、交換用のキートップキートップ引き抜き工具が入れられており、無事に交換できました。

株式会社 PFU
株式会社PFUのWebサイトです。世界シェアNo.1のイメージスキャナー、情報KIOSK(キオスク)端末、組込みコンピュータ、ドキュメントソリューションなどのソリューション情報を紹介しています。PFUは「技術と信頼のPFU」のスローガンのもと、お客様と共に進化することを目指しております。

自らの不注意で壊したキートップ

ボクは、PFU製キーボード HHKB Lite2 を長年に渡って愛用しています。
久しぶりにまじまじ見ると、すき間にホコリがたくさん溜まっていたので、掃除することに。

壊したカーソルキー
壊したカーソルキー

初めは口で吹いてホコリを飛ばしていたのですが、らちが明かないのでキートップを外すことにしました。
ところが外していたら、小さなカーソルキーがパキッと音を立て、キートップの側面が割れてしまいました。

カーソルキーをよく見ると、他のキートップに比べて、側面が薄いようです。
強力な接着剤でもくっつけるのは難しそうなので、とりあえずそれを元の場所にはめ込んで使うことに。

PFU社から届いた封筒

ただ部分的にでも壊れているキーボードを使うのは、気分がすこし落ち込みます。
新しいキーボードを買おうと思って、PFU のサイトを見ていたら、お問い合わせフォームを見付けました。

試しに、キートップの交換部品を購入できないか、と訪ねてみることに。
するとキートップは販売していないものの、無償で分けてくださることになりました。

HHKB Lite2 は販売を終了しているので、交換部品の在庫があるかどうかは判りません。

PFUから送られてきたもの
PFUから送られてきたもの

自宅の住所をメールして待つこと数日、PFU社から一通の封筒が届きました。
中身はパンフレット交換用のキートップ、ありがたいことにキートップ引き抜き工具まで入っていました。

キートップを交換して

新しいキートップ
新しいキートップ

ということで、交換用のキートップをはめ込んでみました。
黒いので判りにくいですが、あまり使わないキーと同様に、表面がすこしザラッとしています。

使ってみた感想は、当たり前のことですが、特に違いはありません。
これからしばらくは、HHKB Lite2 を今まで通り使い続けられそうです。

キートップ引き抜き工具

折角なので、無償でもらったキートップ引き抜き工具を使ってみました。

  1. 工具の2つの突起をキートップの両側に、奥まで差し込む。
  2. 輪っかに指を入れて、まっすぐ上に引っ張る。
  3. キートップを横にずらして、工具から外す。

ちなみにキートップをキーボード本体にはめるときは、工具は不要で、まっすぐ穴に押し込むだけです。

あとがき

長らく愛用してきた PFU製キーボード Happy Hacking Keyboard Lite2
ホコリ掃除をしようとしたばっかりに、買い替える羽目になるところでした。

PFU社の神対応のお陰で事なきを得ましたが、キーボードは取りも直さず消耗品です。
きっといつの日か、壊れる日が来ることでしょう。

以前から PFU製キーボードが好きですが、今回のことで PFU社のファンになってしまいました。
次のキーボードも、PFU製を買いたいと思います。

\どのショップで探しますか?/

コメント

タイトルとURLをコピーしました