【無課金プレイ】ゲームがつまらなくなるので、アプリ内課金はしないことに決めてます

テレビゲームをする二人 テレビゲーム
この記事は約3分で読めます。

パソコンやスマホ、ゲーム機で遊ぶゲームの中には、基本プレイ無料アプリ内課金のものがあります。

普通に遊ぶだけなら、お金を支払わずにゲームを進められます。
ただそれでは、開発者側の経営が成り立ちません。

課金ゲームに熱中する男性

ゲーム内で不便な状況を作り出したり他のゲームプレイヤーと競争させたりすることで、ゲームを有利に進めるためのアイテムを、ゲームプレイヤーに購入させようと働きかけてきます。

ただボクはこれまでの経験から、ゲーム内でアイテムを絶対に購入しないことにしています。

スポンサーリンク

基本プレイ無料のゲームにて

そのむかし、SONY(ソニー)のPlayStation Vita(プレイステーション・ヴィータ)で、頻繁(ひんぱん)に遊んでいた頃のこと。

基本プレイ無料の「勇者のくせにこなまいきだ。G」をダウンロードして、遊んだことがありました。

勇者のくせにこなまいきだ。G | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト
PS Vitaソフトウェアカタログ「勇者のくせにこな&...

ゲームプレイヤーは破壊神となり、ツルハシでダンジョンを構築することによって魔物を召喚し、襲いくる勇者を捕獲するという、一風変わったゲームです。

お金を支払わなければ、一日の遊べる回数が少ないのですが、支払う金額に応じて回数が増えていきます。
プレイ回数が無制限になるどっぷりモードなら、900円(税抜)で購入できました。

課金アイテムを購入したことも

1プレイに付きツルハシを 1つ消費し、時間が経てばツルハシが補充されます。
最初のうちは無課金で、一日に数回だけゲームをしていたのですが、次第に面白さが増してきました。

沼にハマる男性

一日に何度もゲームしたくなって結局、どっぷりモードを購入することに。

  • あっさりモード …… プレイ回数 10 回/日 270円+税
  • しっかりモード …… プレイ回数 24 回/日 600円+税
  • どっぷりモード …… プレイ回数 無制限  900円+税

するとゲームをしないと勿体ないという感覚になり、そのゲームばかりをするように。
あっという間に、ゲームがエンディングを迎えてしまいました。

課金でゲームバランスが崩れる

さてアプリ内課金には、ちょっと考えただけでも、次のようなものがあります。

  • ゲームプレイヤーがよく見える(アバターの服装や部屋の飾り付けなど)。
  • ゲームプレイヤーが強くなる(アバターのパラメーター値の上昇)。
  • ケームプレイヤーが時間を節約できる(移動や加工の待ち時間短縮)。
  • プレイできる回数が増える。
課金アイテム

どれもこれもゲームを有利に進めるために、ノドから手が出るほど欲しいものです。
ただむやみに購入して有利にしすぎると、ゲームそのものがつまらなくなってしまいます。

さじ加減が難しく、歯止めが効かないので、手を出さないということです。

あとがき

アプリ内課金のゲームを提供しているゲームメーカーは、アイテムを購入してもらわないと困ります。
ただアイテムを購入しすぎて、ゲームが有利になり過ぎるのも、ゲームをつまらなくします。

携帯ゲーム機

ゲーム機用に売っているゲームソフトは、普通に買って、最後までプレイするのですけどね。
ゲームバランスをゲームプレイヤーに委ねるのは、無理があるのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました