【自動車整備】定期点検の案内はがきが届いたので、近くの整備工場にお願いしました

その他 ハードウェア
この記事は約3分で読めます。

町中を走っていると、たまに片方のブレーキ灯が切れている自動車の後ろになることがあります。
偶然かも知れませんが、点灯しないのはいつも決まって運転席のある右側です。

片方だけのブレーキランプ

信号機で停まるたびに、走っていって教えてあげたくなる衝動に駆られるのですけどね。
自分が同じように来られるとビックリするので、ぐっと堪(こら)えています。

ブレーキ灯を点(つ)けないで停止すると、後続車が追突してしまうおそれがあります。
自動車を定期的に点検して正常な状態に保つことは、事故を起こさないためにとても大切です。

半年に一度は自動車を点検

ボクは路線バスのない田舎に住んでいるので、自動車に乗ってよく出掛けます。
ところが自動車の構造に関する知識が乏しいので、懇意にしている自動車整備工場に整備をお願いしています。

先月その自動車整備工場から「定期点検のご案内」と題したはがきが届きました。
自動車を購入してから定期的に半年ごと、自動車の点検時期を知らせてくれます。

車の定期点検のご案内

ということで昨日、自動車を定期点検に出しました。
当日朝の急なお願いでしたが、代車も用意してくれて、おやつを食べ終わる頃には点検が済んでいました。

必要に応じて部品を交換

自動車の定期点検では、費用が掛かりますが、必要に応じて部品を交換してくれます。
もちろん点検するだけで、何も交換しないときもあります。

むかしからの知り合いなので信頼しており、詳しい交換基準は聞いていません。
ただ走行距離や部品の劣化具合などから、交換時期を判断していると思われます。

オイルジョッキを持つ整備士

これまで交換したものには、エンジンオイルやオイルエレメント、ハブナットなどがありました。
一応自動車学校でオイル交換を習っていますが、自分でオイルや部品を交換するのは大変そうです。

明細書に書かれていないだけで、こっそり補充してくれているものもあるようです。

タイヤ交換も依頼

懇意にしている自動車整備工場では、タイヤの交換もしてもらっています。
以前、軽トラックのタイヤは交換したことがありますが、大きなタイヤになったら一人では難しそうです。

タイヤの取り付け場所も順次ローテーションが必要ですし、タイヤの溝のチェックも欠かせません。
ホイールバランスの調整も、素人には時間が掛かる作業でしょう。

自動車の整備

そういえば道路を走っていると、道端に落ちているホイールカバーをよく目にします。
回転している物体が外れると、簡単に跳んでいってしまうので、しっかり取り付けなければなりません。

あとがき

むかし見た映画やドラマでは、車のボンネットを開けて吹き上がる煙を眺めているシーンがよくありました。
自動車が停まってしまい困っているのはいつも女性で、そこへ颯爽と主人公の男性が駆けつけます。

ラジエーターの冷却水の補充を怠ったため、エンジンがオーバーヒートしてしまったようです。
自動車を定期的に点検していれば、故障しなかったのですけどね。

故障した自動車

たとえばボクの自動車が故障して、道端でうーんうーんと唸っていても、助っ人は来てくれないでしょう。
だからボクは、定期的に自動車の点検をしてもらうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました