【福井】小浜にもう一度行ってきました その1 (花しょうぶ祭り篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前行った、福井県小浜市(おばまし)に、もう一度行ってきました。
すると、常高寺(じょうこうじ)は、花しょうぶ祭りの真っ最中でした。

スポンサーリンク

小浜公園からスタート

前回は、山の方にばかり行っていましたが、福井県小浜市といえば海の近くです。
ということで、まずはちょっと海へ。

小浜公園の白鳥海岸
小浜公園の白鳥海岸(台風6号のため、すっかり曇っています)

小浜公園の海側も公園になっていて、そこに立つと、海から漂う潮の香りを感じられます。

海鳥のモニュメント
海鳥のモニュメント

さらに、公園の中央には海鳥のモニュメントもあり、天気が良ければ日時計にもなるそうです。
ただ、他には目ぼしいものがありませんので、そうそうに引き上げました。

常高寺を目指して

常高寺は、すでに一度行っているので、その方角へ何となく歩いていきました。
しかし、まちのアチコチで道路工事をしているので、思ったとおりには進めません。

階段を登る男性

適当に迂回したら、常高寺の西にある西林寺へと続く階段を登ってしまいました。
そうして登り着いたところは、国道27号線の脇です。

少し東へ進むと、上手い具合に国道27号線から常高寺まで続く、道が伸びていました。
これも仏様のお導きでしょうか?(笑)

常高寺はたまたま花しょうぶ祭り

駐車場

前回、常高寺に来たときには、参拝客などボク以外にほとんど見かけませんでした。
しかし今回は、門前の駐車場に数台の車が停まり、参拝客も歩いています。

常高寺の花しょうぶ祭りの入園券

常高寺では、6月 3日から24日までの間、「花しょうぶ祭り」が開催されているようです。

常高寺の楼門
常高寺の楼門

祭りの期間中は、楼門が簡易的に柵で封鎖され、受付が楼門の左側に開設されています。

常高寺の花しょうぶ園
常高寺の花しょうぶ園

入園料を払って花しょうぶ園に入ると、白と紫の花しょうぶが咲き乱れていました。

常高院のお墓へと続く階段

ただ、今回の目的は、常高院のお墓を見に行くことでした。

常高院とは、近江国の小谷城主浅井長政とお市の方(織田信長の妹)の間に生まれた、浅井三姉妹の中の次女、お初のことです。

常高院の墓所へ
常高院の墓所へ

何枚か花しょうぶの写真を取ったあとは、花しょうぶ園の奥からはじまる階段を登って、お墓を目指しました。

迂回ルート
迂回ルートを示す看板

むかしは、国道27号線を横断するルートだったそうです。
しかし現在は安全のため、すぐ近くにあるトンネルの上を経由する、迂回ルートに変更されました。

常高院とそのお付の人たちのお墓

迂回ルートは、登って降りて、また登ってになっているので、階段が苦手な人は大変です。

常高院の墓所に到着
常高院の墓所に到着

ただ、それほど長い距離ではないので、てくてくと階段を歩いていくと、比較的すぐに、常高院のお墓に着きました。

常高院の宝篋印塔(ほうきょういんとう)
常高院の宝篋印塔(ほうきょういんとう)

常高院のお墓は、宝篋印塔(ほうきょういんとう)になっています。

宝篋印塔とは、本来は、宝篋印の梵語の呪文を収めた塔のことですが、のちに供養塔や墓碑塔としても建てられるようになりました。

なお、敷地の縁には、侍女と尼僧の墓石がずらりと並べられ、今なお、常高院のお墓を護っています。

回遊式庭園はコケがびっしり!

常高寺の回遊式庭園の入り口
常高寺の回遊式庭園の入り口

お墓から戻ってきたら、次は回遊式庭園を見に行きました。

建物の外周に沿って、ぐるりと庭園が広がっていますので、いろんな場所をいろんな角度から楽しめます。

常高寺の回遊式庭園
常高寺の回遊式庭園

最近、都会の人に人気のコケもびっしりと生えていますので、コケ好きには堪(たま)らない場所かと思います。

ただボクは山育ちだからか、コケは当たり前過ぎて特に何も感じません。

小浜めぐりは、まだまだ続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました