【死後離婚】夫が亡くなった後、折り合いの悪い夫の親族と、すっかり縁を切るには?

その他 法律
この記事は約3分で読めます。

「夫とは仲が良かったのだけれど、夫の親族とはどうも折り合いが悪くって」

配偶者が死亡した後に、配偶者の親や兄弟姉妹と縁を切るには、「姻族関係終了届」を出す必要があります。

「姻族」とは、結婚することによって、配偶者の血族との間にできる親族関係をいいます。

スポンサーリンク

なんとも世知辛い世の中になりました

嫁姑問題

最近テレビで見たのですが、このところ、夫の死後に離婚する人が増えてきているようです。

理由は次のようにさまざまです。

  • 夫とは仲が良かったが、夫の親や兄弟姉妹とは仲が悪いので、縁を切りたい。
  • 夫と仲が悪かったので、同じお墓には入りたくない。
  • 夫の供養(一周忌、三回忌など)をやりたくない。
  • 遺産をもらうため、離婚するのを我慢していた。

なんとも、世知辛い世の中になりましたね。

※わかりやすさの点から、夫に先立たれた妻を例に、書いてあります。

姻族関係を終了させるためには?

シングルマザー

さて、配偶者の親や兄弟姉妹との姻族関係を終了させるためには、戸籍法96条にしたがって、届け出をする必要があります。

手続き

  1. まず、本籍地または、お住いの地域の市区町村役場に行きます。
  2. 姻族関係終了届」に、必要事項を記入して、届け出ます。

結果

これにより、届出者とその配偶者の親や兄弟姉妹との関係が終了します。

ただし、夫婦の間の子は、配偶者の親や兄弟姉妹とも血がつながっていますので、血縁関係は終了しません。

注意点

なお、夫婦の戸籍はそのままです。
死亡した配偶者が、その戸籍から除かれるだけです。

結婚するときに、苗字(名字)を変更した方の苗字(名字)はそのままです。

結婚する前の苗字(名字)に戻したいとき

戸籍謄本

結婚するときに、苗字(名字)を変更した方が、苗字(名字)を元に戻したいときは、民法751条1項にしたがって、届け出をする必要があります。

手続き

  1. まず、本籍地または、お住いの地域の市区町村役場に行きます。
  2. 復氏(ふくうじ)」に、必要事項を記入して、届け出ます。

結果

これにより、届出者は「夫婦の戸籍」から除かれ、届出者の選択により、

  • 親の戸籍に戻される
  • 新しく作られた戸籍に入れられる

となります。

注意点

なお、夫婦の間の子は「夫婦の戸籍」に残ります。
夫婦の間の子の苗字(名字)はそのままです。

\パワーストーンの印鑑/

[広告] 宝石印鑑なら平安堂

子の苗字(名字)を同じにしたいとき

母と幼い息子

子が、父または母の苗字(名字)と違う場合、家庭裁判所の許可を得たのち(民法791条1項)、戸籍法98条1項と38条2項にしたがって、届け出をする必要があります。

手続き

  1. まず、お住いの地域を管轄する家庭裁判所に行きます。
  2. 子の氏の変更許可申立書」に、必要事項を記入して、申し立てます。
  3. 許可を得たのち、本籍地または、お住いの地域の市区町村役場に行きます。
  4. 氏の変更届」に、必要事項を記入して、届け出ます。

結果

これにより、子は復氏した親と同じ戸籍に入れられます。
もちろん苗字(名字)も変わります。

\無料で査定を申し込む/

[広告] 宅配買取ブランディア

お近くの行政書士まで、ご依頼ください

行政書士

結構手間がかかりますね。
このようなときのために、行政書士がいます。

あなたのご依頼をお待ちしております。
なお、家庭裁判所への申立書については、弁護士と協同する可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました