【滋賀】番場宿から竜宮山と八葉山と西坂山を巡る その1 (駐車場から天神溜へ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前、滋賀県米原市番場(まいばらし ばんば)の鎌刃城跡(かまはじょう あと)に登ったときのこと。
下山したあとに番場宿の中で偶然、有料の鎌刃城トレッキングマップを入手しました。

調べたところ、米原市の公式ウェブサイトでも、PDFファイルが無料配布されているようです。
他にもいくつか、気になるトレッキングマップが置かれていました。

トレッキングマップ|米原市
史跡のみどころをめぐりながら散策できるトレッキングマップを作成しました。PDF形式で掲載しておりますので、印刷してお使いいただけます(ファイルのサイズはA3ですが、A4サイズでの印刷も可能です)。史跡のトレッキングにぜひご活用ください。

ということでトレッキングマップを頼りに、番場宿から竜宮山八葉山西坂山を経由して、番場宿まで一周してきました。

スポンサーリンク

鎌刃城跡駐車場へ

まずは、鎌刃城跡駐車場に向かいました。

鎌刃城跡駐車場へは、米原インターチェンジのすぐ西にある国道21号線の交差点「樋口西」で南に曲がって、樋口岩脇線を道なりに進みます。

番場宿の石碑と信号がある交差点で南へ左折して、しばらく旧中山道を進みます。
すると小さな川(菜種川)に橋(町屋橋)が架けられており、「鎌刃城跡」の案内板が立てられています。

鎌刃城跡駐車場は、その橋のちょっと手前を右へ曲がったところにあります。

路地を抜けて、鎌刃城跡の登城口へ

前回、鎌刃城跡を訪れたときは、鎌刃城跡駐車場からすぐに名神高速道路の方へ進んで、登っていきました。
ただ同じ道ではつまらないので、今回は別の道を歩くことにします。

旧中山道を南の方へ歩いていくと、称揚寺を過ぎたあたりのカーブミラーのそばに、鎌刃城跡を指し示す、小さな案内板が立てられていました。

私道のようなので、すこし躊躇(ためら)いながらも、路地を抜けてあぜ道を歩いていきます。
すると、名神高速道路のガードと獣害防止柵の扉が見えてきました。

菅公の腰掛石はどこですか?

さて名神高速道路のガード下をくぐって道なりに歩いていくと、菅公の腰掛石への案内板があります。
菅公とは、たぶん菅原道真(すがわら の みちざね)のことでしょう。

番場宿の旧中山道沿いに北野神社の入り口があったので、何か関係があるのかも知れません。
気になるので、菅公の腰掛石への階段を上ってみました。

菅公の腰掛石?
菅公の腰掛石?

一応、菅公の腰掛石と思われる石が、2つあります。
ただあたりを見回しても、立て札などが何もないので、結局よく判りませんでした。

鎌刃城跡と番場城跡の分かれ道

さて気を取り直して、ふたたび鎌刃城跡への道を歩き出します。
するとほとんど歩かないうちに「天神溜」とよばれる溜池にたどり着きました。

この場所で分かれ道になっており、左は鎌刃城跡、右は番場城跡へ行けるようです。
ただ番場城跡に寄り道していると、目的のコースを歩く時間が足りなくなるかも知れません。

番場城跡を訪れるのはまたの機会にして、鎌刃城跡へ急ぐことにしました。

次は、鎌刃城跡へ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました