【滋賀】番場宿から竜宮山と八葉山と西坂山を巡る その3 (雨乞祈願の竜宮山篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

米原市の公式ウェブサイトでは、トレッキングマップがPDF形式で無料配布されています。
それによると米原市内の山やまには、トレッキングコースが整備されているようです。

ということでトレッキングマップを頼りに、番場宿から竜宮山八葉山西坂山を経由して、番場宿まで一周してきました。

鎌刃城跡~松尾寺跡トレッキングマップ
鎌刃城跡~松尾寺跡トレッキングマップ

鎌刃城大手口から登り始めて、番場宿蓮華寺方面からの登山道と合流したあとは、鎌刃城跡の脇道と滝谷林道広域林道を通って、駐車場奥の竜宮山の登り口まで来ました。

スポンサーリンク

竜宮山登り口から

道のりが長かったのですが、いよいよ本来の目的である竜宮山からの尾根伝いに道を歩いていきます。
まず初めは、スギの植林地帯の緩やかな斜面を登っていきました。

特に道は整備されていないようです。
ただ地面のスギの枯れ葉の上に、人の歩いた跡が残っているので、それをたどっていきました。

ということで、すぐに尾根筋にたどり着きました。
すでにここまで結構な距離を登ってきたので、竜宮山の頂上までは残すところ 300メートルです。

むき出しの石灰岩地帯を抜けて

竜宮山の石灰岩の岩場
竜宮山の石灰岩の岩場

ただ竜宮山に登るのは甘くないようで、すぐに岩場が行く手を遮(さえぎ)りました。
以前、松尾寺山で見た岩と同じように、表面が溶けており白っぽいので、石灰岩のようです。

辛うじて地面が見えているので、岩場を歩かなくても良いのですが、次第に急勾配になってきました。
処どころに転がりやすそうな岩も落ちいているので、注意が必要です。

結局のところ 300メートル弱しかないので、程なく登り終わりました。
今回は一方通行なので登るだけですが、この岩場を下りていくのは、かなり骨が折れそうです。

竜宮山頂上も石灰岩だらけ

竜宮山の頂上に到着すると、あたりは相変わらず石灰岩だらけでした。
近くに「河内の風穴(かわちのふうけつ)」があるので、探せば似たような鍾乳洞が見付かるかも知れません。

竜宮山 540メートル
竜宮山 540メートル

竜宮山の頂上には、ふもとの集落が共同で立てた、標高の書かれた板がありました。
ただ他には標高の札が見当たらないので、公的には山だと認められていないのかも知れません。

せっかく竜宮山の頂上まで登ってきたので、北西の方角を眺めてみることに。
晴れていたので、雄大な琵琶湖とふもとの市街地が、よく見えました。

竜宮山は、雨乞いの山

「竜宮」と言えば一般的に、昔話「浦島太郎」の登場人物、乙姫様が住んでいる竜宮城を連想するのではないでしょうか?

龍

ただ「竜宮」は、そればかりではありません。
竜は水を司(つかさど)るので、むかしから「竜宮(たつのみや)」として祀(まつ)られてきました。

番場集落では、竜宮山の山頂に八大龍王を祀って、日照り続きのときに雨乞いしたそうです。
竜が祀られたお宮がある山なので、竜宮山とよばれているのです。

次は八葉山へ行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました