【滋賀】桜の見頃が過ぎた高島市今津町の酒波寺へ その2 (仁王門から山門篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

久しぶりに福井県小浜市(おばまし)まで行って海鮮丼を食べようと思い、琵琶湖の北側を通って、国道303号線に向かっていたときのことです。

箱館山(はこだてやま)のふもとを通る県道534号線を走っていると、案内標識に変わった名前のお寺を見つけたので、ちょっと寄ってきました。

【滋賀】桜の見頃が過ぎた高島市今津町の酒波寺へ その1 (日置神社篇)
久しぶりに福井県小浜市(おばまし)まで行って海鮮丼を食べようと思い、琵琶湖の北側を通って、国道303号線に向かっていたときのことです。 箱館山(はこだてやま)のふもとを通る県道534号線を走っているとき、ふと案内標識を見たら変わったお寺と神社の名前が載っていました。 案内標識に載っている...

酒波寺(さなみでら)の駐車場に自動車を停めて、まずは向かいにある日置神社(ひおきじんじゃ)を参拝してきました。

スポンサーリンク

酒波寺の真新しい仁王門

酒波寺の仁王門

酒波寺の仁王門

酒波寺の仁王門は近年、有志の方たちのお布施によって建てられたようです。

お寺の建物が、参道の奥まったところにあるので、以前は道路からその存否が判りにくかったのですが、この仁王門のお陰で誰の目にも存在が明らかになりました。

朱色と緑色の対比が目にも鮮やかなので、思わず仁王門に見入ってしまいます。
それに比べると、守護する金剛力士像(仁王像)の色が、茶色なのであまり目立ちません。

大昔に造られた金剛力士像は現在、みな色褪せてしまいましたが、本来は色が着けられていたようなので、それを再現すると良いのかも知れません。

長い参道を歩いて

奈良時代に行基によって建てられた酒波寺の広大な寺内には 56 もの僧坊があったそうです。
当時はこの長い参道の両側に、多くのお坊さんが住んでいたのでしょう。

その参道を歩いていると、木立の向こうにあずま屋が見えたので、立ち寄ってみました。

あずま屋の横の桜

あずま屋の横の桜

あずま屋の横にある池を見ると、散ってしまった桜の花びらが、水面を埋めています。
しかしすぐ隣に立っている桜の木だけは辛うじて、まだ花が残っていました。

花見するカップル

今はもう誰もいませんが、参道沿いの桜の花が満開だった頃は、ここに座って花見に興じる人たちがいたのでしょうね。

石段の途中には、大きな行基桜

酒波寺の手水舎

酒波寺の手水舎

石段の下にたどり着くと手水舎があったので、手と口を清め、石段を上り始めました。

行基桜

行基桜

あまりに桜の木が大きすぎて、最初はまったく気が付かなかったのですが、石段の途中には「行基桜」と名付けられたエドヒガン桜が立っています。

行基が植えた桜ではないようですが、地元の人がそう呼んでいるようです。
ちなみに幹に出来た大きな虚(うろ)の中には、「行基桜」についての説明書きがあります。

酒波寺の質素な山門

酒波寺の山門

酒波寺の山門

石段を上がったところには、酒波寺の山門が建っています。
道路に面した仁王門に比べると質素な造りですが、いかにも古刹といった雰囲気です。

山門の貼り紙によると、境内を整備するために盆栽を売りたいとのこと。
盆栽に興味がある人は、酒波寺を訪れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに酒波寺は、山本周五郎さんの短編小説「やぶからし」と「鉢の木」の中に登場し、新潮文庫の短編集「やぶからし」にどちらも収録されているようです。

 

さらに酒波寺の中を巡ります。

【滋賀】桜の見頃が過ぎた高島市今津町の酒波寺へ その3 (大権現参道と山辺の道篇)
久しぶりに福井県小浜市(おばまし)まで行って海鮮丼を食べようと思い、琵琶湖の北側を通って、国道303号線に向かっていたときのことです。 箱館山(はこだてやま)のふもとを通る県道534号線を走っていると、案内標識に変わった名前のお寺を見つけたので、ちょっと寄ってきました。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました