【地元アイス】シャリシャリ食感のイチゴ味かき氷バー、セイヒョーのもも太郎

グルメ
この記事は約3分で読めます。

TBSテレビの「がっちりマンデー!!」を見ていたら、「地元アイス」特集をしていました。
全国的にはまったく有名ではないけれど、ある地域に限ると誰もが知っている氷菓子があるのだとか。

その中で気になったのは、新潟セイヒョーが作るかき氷バー「もも太郎」です。
名前は「もも太郎」となっていますが、なぜかイチゴ味という不思議な氷菓子です。

株式会社セイヒョー
株式会社セイヒョーは、「もも太郎」を始めとした老若男女に愛されるアイスや和菓子などを製造しています。味わう喜びや楽しさをお届けすることを使命として、新潟から食の魅力を発信しています。
桃太郎

イチゴ味なのになぜ、もも太郎なのか?

そもそもかき氷バー「もも太郎」は、お祭り屋台で売られていた氷菓子に由来します。
モモ型の木型に砕いた氷を詰めて割りばしを刺し、そこにいちごシロップをかけた氷菓子でした。

桃

その後新潟県内の店舗で売られるようになると、懐かしさからか次第に人気を集めていきます。
昭和20年ごろには「もも太郎」を作っている会社が、10社にもなりました。

未だに「もも太郎」作り続けている会社の中で、一番人気なのはセイヒョーだそうです。
氷に何かしらの秘密があるのでしょう。

セイヒョーの氷は他所とは違う

セイヒョーはかつて「新潟製氷冷凍株式会社」という、製氷と冷凍を得意とする会社でした。
言うなれば、氷のプロフェッショナルです。

ピンクのアイスバー

それゆえに他の会社が作る「もも太郎」とは、氷の質が一線を画しています。
ひと口目から、シャリシャリともサクサクとも表現される、氷の食感を味わえるのだとか。

一般的なかき氷バーの場合、表面にコーティングを施すことで、内側の氷が解けにくくしてあります。
ところがセイヒョーの場合、解けにくい氷を使っているので、氷がむき出しの状態になっているのです。

解けにくい氷とは

家庭用の冷蔵庫で作った氷は、一般的に内側が白く見えます。
水は冷やされると周りから凍り始め、水に溶け込んでいた空気が、中心へ集まって気泡になるそうです。

気泡が入っていると、氷は解けやすくなるそうです。

氷漬けのマンモス

ところがセイヒョーで作られる氷は、けっこう透き通って見えます。
途中まで凍らせた段階で中心の水を捨て、新たな水を注ぎ込んだのち、さらに凍らせるそうです。

気泡が入っていないので、氷が解けにくいそうです。

あとがき

セイヒョーではオフシーズンである冬場に、かき氷バー「もも太郎」を作り溜めしているそうです。
反対にオンシーズンである夏場は、大手菓子メーカーの氷菓子を請負で作っています。

実は「もも太郎」地元新潟県内で、かなり安く売られているようです。
セイヒョーは、夏場に大手菓子メーカーの請負で得た利益を、新潟県民に還元しているのです。

かき氷の旗

なお「もも太郎」は、セイヒョーのオンラインショップで販売されています。
姉妹品もあるようなので、試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました