【節分】恵方巻きという風習は関西地方だけのものでしたが、いまや全国へと拡大!

独り言
この記事は約3分で読めます。

新年も明けたばかりですが、コンビニの前を通ると「恵方巻き」の幟(のぼり)を、見かけるようになりました。

2月 3日の節分の夜に、恵方を向いて巻き寿司を食べる風習は、そもそも関西の一部に限られていたはずです。

節分の豆まき

ところが現在では、売り上げを伸ばすため「恵方巻き」が意図的に、全国へ広められました。
節分の日になると、至るところで様々な巻き物が売られています。

スポンサーリンク

はじめての恵方巻き

ボクがはじめて「恵方巻き」のことを知ったのは、大阪の大学に通っていたときのことです。
当時の大阪では「巻き寿司の丸かぶり」と呼んでいたような気がします。

大阪のおばちゃん

毎年節分の日になると、下宿のオバちゃんが近所の市場で買ってきたという、巻き寿司の紙包みをくれました。

お蔭でその日の晩ごはん代が浮きましたので、ありがたかったです。

ちなみにその紙包みの中には 2本の巻き寿司が入っており、丸かぶりし易いように細めになっていました。

恵方巻き(巻き寿司の丸かぶり)の作法

さてボクは関西出身ではないので、恵方巻きの作法を親から教えられていません。
ただテレビやラジオでいろんな人が、節分の恵方巻きについてよく話題にしていました。

巻き寿司の丸かぶり

それらをまとめると、大体つぎのような感じになります。

  1. 節分の夜に、その年の恵方を向いて正座する。
  2. そのまま無言で、巻き寿司 1本を端から全部、食べ終える。

というわけで毎年節分の夜になると、下宿の部屋で 1人静かに恵方を向いて正座し、2本の巻き寿司を丸かぶりしていました。

巻き寿司を食べ終える前に喋ってしまうと、福が逃げて行くそうです。

恵方巻きの由来

ところでどうして節分の夜に、恵方巻きを食べるのでしょうか?

鬼に金棒

恵方巻きの由来といわれるものには、諸説あるらしいです。
ただボクが聞いたところでは、巻き寿司を鬼の金棒(かなぼう)に見立てているそうです。

鬼に付き物の金棒は鉄製なので、食べようとしても硬すぎて、とても食べられません。
その代りに、黒くて長いという点で似ている巻き寿司を 1本、食べてしまうのです。

逃げる赤鬼

すると金棒を食べられた鬼は武器が無くなるので、襲って来なくなるという理屈です。
誰が考えたのかは知りませんが、ちょっと面白いですね。

恵方ロールケーキって何ですか?

そういう理屈なら、黒くて長い食べ物だったら何でも良いような気がします。
恵方ロールケーキが黒ければ、理に適(かな)っているのかも知れません。

恵方ロールケーキ

ただ近年見かける恵方ロールケーキの中には、太くて短いものもあります。
どう見ても端から丸かぶりするのは無理そうです。

恵方ロールケーキを食べる少年

できればもう少し細長くして欲しいと思うのは、ボクだけでしょうか。
しかしそうなると 1本まるごとロールケーキを食べることになり、体に悪そうですね。

あとがき

この頃は「巻き寿司の丸かぶり」が「恵方巻き」と名称を変えて、日本全国のコンビニやスーパーで売られています。

白い恵方ロールを食べる女の子

ただ関西地方以外で「恵方巻き」は、そもそも地元に根付いていた風習ではありません。
恵方のことは聞いていても、普通に食べている人が多いでしょうね。

コンビニやスーパーは「恵方巻き」さえ売れれば良いのかも知れません。

しかしできれば、「節分の夜に恵方を向いて正座し、無言で 1本を丸かぶり」という風習まで、流行らせて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました