【岐阜】関ヶ原町の城山にある玉城跡に登ってきました その1 (道に迷って大堀切篇)

森の中を歩く二人 城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)の玉地区には、城山というありふれた名前の山があって、その頂上には玉城跡(たまじょう あと)があります。

子どもの頃には何度も、平成16年ごろにも一度、今須地区から登っています。
近ごろは訳あって遠くへ出掛けられないので、久しぶりに地元の山へ登ってみることにしました。

ところが、かつて整備されていたハイキングコースはすっかり廃れてしまっています。
幾度となく道に迷いながら、何とか城山の頂上まで行ってきました。

玉地区から山頂へと伸びる城山遊歩道は、整備されているようです。

スポンサーリンク

スポーツ広場跡の入り口から

ということで、自宅から歩いて城山に向かいます。
前回と同じ道すじをたどるため、かつて地元のスポーツ広場があった場所に向かいました。

スポーツ広場として使われなくなり、かなり建ったはずですが、あまり荒れてはいません。
このあたりは、たまにクマが出没するので、熊よけ鈴を付けていきました。

城山の登り口?
城山の登り口?

むかしは、ハイキングコースの案内板があったと思うのですが、どこにもありません。
関ヶ原青少年自然の家が無くなったので、原状回復されたようです。

岐阜県関ヶ原青少年自然の家は、平成23年 4月に廃止されました。
利用者が城山までハイキングできるよう、コースが整備されていました。

関ヶ原鍾乳洞の近くから仕切り直し

さて途中で道を間違えて、仕方なく谷川沿いの道を下りてくると、県道229号線(牧田関ヶ原線)に出ました。
すぐ近くには、関ヶ原鍾乳洞の入り口が見えます。

鍾乳洞

むかしは関ヶ原鍾乳洞の入り口あたりにも、城山の頂上へと続く登山道がありました。
あたりを探してみましたが、見当たらなかったので、適当に尾根筋まで登ってみることに。

たどり着いた尾根筋を登っていると、かつての休憩所跡が現れました。
このまま尾根筋を歩いていけば、城山の頂上までたどり着けそうです。

境界線上のコンクリート杭

尾根筋は初めのうち雑木林が多かったのですが、そのうちコンクリート杭が立ち並び始めました。
人の歩いた跡が、そのコンクリート杭に沿って続いています。

どうやら集落と集落との境界線を示しているようです。

城山の横一直線の窪み

山に境界線が引かれる場合、通常は山頂や尾根筋を通ります
コンクリート杭をたどって急坂を登っていくと、見覚えのある地形が見えてきました。

玉城の大堀切跡

玉城跡の大堀切
玉城跡の大堀切

むかし城山に登ったときには、まったく気付かなかったのですが、あらためて見てみると、そこは大きな堀切になっていました。

堀切とは、山の尾根を削って敵の侵攻を遅らせるための土木建築物のこと。

むかし急斜面を苦労して登った記憶があるのですが、それは大堀切だったのです。
道理で登りにくかったはずです。

大堀切に丸太の階段
大堀切に丸太の階段

むかしは存在しなかった丸太の階段が、いつの間にか大堀切の斜面に設置されていました。
せっかくの大堀切が台無しなので、せめて端っこに設置して欲しかったです。

次は、玉城跡の中を歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました