【岐阜】関ヶ原町の城山にある玉城跡に登ってきました その2 (城郭を歩いて山頂篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)の玉地区には、城山というありふれた名前の山があって、その頂上には玉城跡(たまじょう あと)があります。

以前は関ヶ原青少年自然の家から、ハイキングコースが整備されていたのですけどね。
すっかり廃れていたので、道に迷いながらも何とか城山の頂上まで行ってきました。

玉地区から山頂へと伸びる城山遊歩道は、整備されているようです。

関ヶ原町玉地区の城山に登るため、今須地区から出発したものの、道に迷ったため、関ヶ原鍾乳洞への入り口近くから登り直して、玉城の大堀切跡まで来ました。

スポンサーリンク

玉城の曲輪跡

さて大堀切に設置された丸太の階段を登ってくると、玉城の曲輪跡に着きました。
雑木林が広がっているので判りにくいのですが、端っこは少し盛り上がり土塁になっています。

奥に見える階段を登ると、さらに別の曲輪跡がありました。
相変わらずの雑木林ですが、平らで広い場所であることは判ります。

さらに奥の階段を登ると、広くて奥行きのある曲輪跡がありました。
ここには屋敷が建てられて、たぶん生活の場になっていたものと思われます。

水の手跡らしき窪み

水の手跡らしき窪地
水の手跡らしき窪地

その広くて奥行きのある曲輪跡を奥へ歩いていると、左側に大きな窪地がありました。
窪地の縁が何となく四角くなっているので、人工的に造られた窪地のようです。

アメンボ

推測するに、かつてこの窪地には、生活用水が溜められていたと思われます。
本当にそうだとすると結構大きいので、大勢の人が暮らせたことでしょう。

ただ水源が、ふもとの谷川ぐらいしかありません。
そこから山頂まで水を汲み上げるのは、かなりの重労働だったでしょう。

玉城の本丸跡

さらに奥へ進んでいくと、赤い屋根の建物が見えてきました。
建っている場所は本丸跡のようで、周囲より一段高くなっています。

城山の頂上
城山の頂上

高台に登ると、そこは城山の頂上のようで、三角点が設置されていました。
すぐ近くには、横長のあずま屋も建てられています。

しかし残念ながら、あたりは草ぼうぼうで、あまり歩き回りたくありません。
本丸跡一帯がどのような地形なのかは、よく判りませんでした。

玉城跡とは

城山周辺で観察できる生き物たち
城山周辺で観察できる生き物たち

玉城はそもそも南北朝時代に、清和源氏の流れをくむ佐竹義春が築いた砦だと言われています。
足利尊氏(あしかが たかうじ)に追われて、落ち延びてきたのだとか。

足利尊氏

城山は、北の北国脇往還、南の東山道(中山道)に挟まれた場所にあります。
両方の街道を見張れるので、都合が良かったのでしょう。

戦国時代には、浜六兵衛や竹中半兵衛の伯父である杉山内蔵助もいたそうです。
交通の要衝として、重要な場所だったのでしょう。

次は、城山を下山します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました