【滋賀】賤ヶ岳山頂から大平良山を経由して堂木山砦跡へ その1 (リフトで山頂へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)には、賤ヶ岳(しずがたけ)があります。
かつて賤ヶ岳一帯では、賤ヶ岳の戦いがありました。

賤ヶ岳の戦いとは、織田信長(おだ のぶなが)亡きあとの後継者をめぐる争いから発展した戦い。
羽柴秀吉(はしば ひでよし)と柴田勝家(しばた かついえ)が戦った。

賤ヶ岳周辺案内図
賤ヶ岳周辺案内図(パンフレットより)

以前、余呉湖の東側の尾根筋を賤ヶ岳まで登ったり、賤ヶ岳から南に伸びる尾根筋を山本山まで歩いたりしたのですが、余呉湖の西側の尾根筋はまだ歩いていません。

ということで、賤ヶ岳から大平良山(おおひらやま)を経由して堂木山(どうぎやま)まで歩いてきました。

スポンサーリンク

賤ヶ岳リフトの第2駐車場へ

今回はたくさん歩くので、賤ヶ岳頂上までは賤ヶ岳リフトに乗っていきます。
駐車場はちょっと離れていますが、長時間停めておいても良さそうな第2駐車場にしました。

アクセス・周辺観光 | 賤ヶ岳リフト
滋賀県長浜市にある賤ヶ岳リフトのアクセス・周辺観光の情報をご覧いただけます。

国道303号線の交差点「大音」で北に曲がって、八幡神社の前で余呉川に架かる橋を渡り、駐車場へ。
あまり知られていないのか、ほとんど自動車が停められていませんでした。

賤ヶ岳リフト第2駐車場からは、適当に山の方へ歩いていきます。
粉かけ地蔵を過ぎたところから右へ曲がって登っていくと、賤ヶ岳リフト第1駐車場に着きました。

賤ヶ岳リフトに乗って

賤ヶ岳リフト乗り場へは、駐車場の横の細い坂道を登っていきました。
以前は常に閉められていた獣害防止柵の青い扉も、最近は観光客を迎え入れるため開放されています。

パンフレットをもらって、券売機で片道チケットを買ったら、係員の案内にしたがってリフトに乗りました。
気を付けながら振り返ると、ふもとの景色が次第に遠ざかっていきます。

ちなみに賤ヶ岳の名前の由来は、弘法大師が諸国巡錫で伊香具神社を訪れたとき、出会った女性が自分のことを、謙(へりくだ)って「(しづ)」といったことに由来するのだとか。

弘法大師「(あなたは)どんな人ですか?」
女性  「西の方に高い山があり、そこが賤(私という意味)の住む処です」

賤の住む山なので「賤ヶ嶽」ということです。

賤ヶ岳頂上への道

さて賤ヶ岳リフトから降りても、そこは賤ヶ岳頂上ではありません。
賤ヶ岳頂上まで、残すところ 300メートルの坂道を登っていく必要があります。

登り始めるとすぐに見晴台があったので、ちょっと休憩していきました。
爽やかな風が吹き抜ける見晴台からは、奥琵琶湖とそこに突き出る葛篭尾崎(つづらおざき)が見えます。

賤ヶ岳頂上を目指してふたたび坂道を登り始めると、以前と違ってあたりが明るくなっていました。
山頂付近の樹木を伐採して、見晴らしを良くしたようです。

賤ヶ岳頂上からの眺め

ということで、残すところ 100メートルの丸太の階段を登っていきました。
あともう少しなのですが、そもそもが賤ヶ岳砦跡なので、急勾配の坂道が応(こた)えます。

賤ヶ岳山頂から琵琶湖を望んで

賤ヶ岳頂上にはいくつか展望台があるのですが、琵琶湖(びわこ)がよく見える場所に来ました。
人気の場所のようで、カメラの三脚がいくつも並んでいます。

琵琶湖にちょこんと浮かんでいる竹生島(ちくぶしま)が、絵になります。

次は余呉湖西側の尾根筋を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました