【滋賀】賤ヶ岳山頂から山本山城跡を経由して河毛駅へ その1 (賤ヶ岳リフト篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

昨日(2019.07.06)、滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)にある賤ヶ岳のふもとを走っていたら、「賤ヶ岳リフト」と書かれた真っ赤な幟(のぼり)を見付けました。

気になったので、自宅に帰ってホームページ「賤ヶ岳リフト」を確認したら、賤ヶ岳リフトがまさに昨日から営業を再開したようです。

2人乗りのリフト

ということで本日(2019.07.07)、賤ヶ岳リフト(一人乗り)に乗りに行くことに。
山頂駅に着いたら、以前から行きたかった山本山まで、尾根道を伝って歩いてきました。

スポンサーリンク

賤ヶ岳リフトが復活!

賤ヶ岳リフトの幟
賤ヶ岳リフトの幟

賤ヶ岳リフトは長らく運休中だったので、もう乗れないのかと思っていましたが、満を持して復活しました

運営会社が近江鉄道から奥伊吹観光に変わったことで、修復の目処が付いたようです。
またホームページも、すっかりお洒落に様変わりしていました。

奥伊吹観光は、「奥伊吹スキー場(来季から、グランスノー奥伊吹)」を運営している会社です。

団扇

なお往復チケットを買うと、期間限定でしょうがオリジナルうちわがもらえるそうです。
うちわは 2種類あるので、集めてみるのもいいかも知れません。

【公式】賤ヶ岳リフト | 滋賀県長浜市の絶景が一望できるリフト
南西は琵琶湖と比良山系、竹生島など湖山の美しさ、東は伊吹山、北は羽衣伝説の余呉湖が一望できる、滋賀県長浜市の賤ヶ岳(しずがたけ)リフトの公式サイトです。

賤ヶ岳リフトの駐車場へ

さて本日(2019.07.07)朝、賤ヶ岳リフトの始発?に乗るため、運行開始時刻に合わせて自宅を出発し、駐車場までやってきました。

すでに第1駐車場には、気の早い人の自動車が数台停まっていました。

駐車場

なおホームページ「賤ヶ岳リフト」を見ると、無料駐車場が 3つも用意されているようです。
第1駐車場は早めに埋まるので、あらかじめ他の場所も見ておくと良いかも知れません。

チケットは券売機で買うことに

賤ヶ岳リフトの運行開始時刻になったので、坂道を上ってリフト乗り場に行くと、もうすでに乗客が1人リフトに揺られて上っていくところでした。

券売機

慌ててチケットを買いに行くと、真新しい券売機が設置されています。
以前は受付の方が売っていたと思うのですが、人件費の削減なのでしょうね。

今回はリフトの山頂駅から山本山へ行くつもりだったので、片道チケットを買いました。

リフトに乗ってゆっくりと

賤ヶ岳リフトふもと
以前のままのリフト

さっそく賤ヶ岳リフトに乗りましたが、まだ営業開始直後なので、前後を見回しても利用している人はほとんどいません。

賤ヶ岳リフト中腹
斜面に生い茂るシャガ

前回、賤ヶ岳の山頂から山道を歩いて下りてきたのは、4月と 5月の月替りのころです。
白っぽいシャガの花が一斉に山の斜面に咲いていて、ちょっと幻想的でした。

ただシャガが生い茂る様子も、毛足の長い緑色の絨毯を見ているようで何とも美しいです。

賤ヶ岳リフト山頂間近
もうすぐ山頂駅

賤ヶ岳リフトの開業に向けて、山の斜面の雑草は綺麗サッパリ刈り取られてしまいました。
殺風景なので何か代わりに、おあつらえ向きの植物を植えて欲しいところです。

山本山へ向かいます

賤ヶ岳山本山歩道の入り口
賤ヶ岳山本山歩道の入り口

リフトの山頂駅で降りたら、すぐ左側から始まる賤ヶ岳山本山歩道の入り口に向かいました。
何だか雑草が多いので、歩く人が少ないのかも知れません。

賤ヶ岳周辺の広域地図
賤ヶ岳周辺の広域地図(JR余呉駅の向かいの看板)

前回歩いた余呉賤ヶ岳歩道に比べると、山本山の登山口までは距離が倍近くあるので、頑張って歩くことにします。

次はいよいよ賤ヶ岳山本山歩道を歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました