【滋賀】賤ヶ岳山頂から山本山城跡を経由して河毛駅へ その2 (山梨子と赤尾と有漏神社篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

昨日(2019.07.06)、滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)にある賤ヶ岳のふもとを走っていたら、「賤ヶ岳リフト」と書かれた真っ赤な幟(のぼり)を見付けました。

賤ヶ岳リフトが昨日から再開したようなので、早速本日(2019.07.07)乗りに行くことに。
山頂駅に着いたら、以前から行きたかった山本山まで、尾根道を伝って歩いてきました。

【滋賀】賤ヶ岳山頂から山本山城跡を経由して河毛駅へ その1 (賤ヶ岳リフト篇)
昨日(2019.07.06)、滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)にある賤ヶ岳のふもとを走っていたら、「賤ヶ岳リフト」と書かれた真っ赤な幟(のぼり)を見付けました。 気になったので、自宅に帰ってホームページ「賤ヶ岳リフト」を確認したら、賤ヶ岳リフトがまさに昨日から営業を再開したよ...
賤ヶ岳周辺の広域地図

賤ヶ岳周辺の広域地図(JR余呉駅の向かいの看板)

まずは営業開始に合わせて、賤ヶ岳リフトのふもとにある駐車場まで行き、リフトに乗って頂上駅まで上って、賤ヶ岳山本山歩道の入り口に立ちました。

スポンサーリンク

山本山に向かって出発

賤ヶ岳山本山歩道を眺めると、雑草が茂っているので、何だか歩きにくそうな雰囲気でした。
ところが歩きだすと、山道はちゃんと整備されているようです。

たまに日当たりがいい場所があって、草が生い茂っていますが、それは仕方がありません。

山梨子集落分岐点

ふもとに山梨子集落

しばらく歩いていると、山梨子(やまなし)集落に下りられる分岐点に差し掛かりました。

新旧の賤ヶ岳トンネルが出来る前は、この尾根越えの道を通って、山梨子と大音(おおと)を行き来していたようで、越えやすいように山がすこし掘り下げてあります

前に見える丸太の階段を上って先に進みます。

鉄塔のある風景

賤ヶ岳の2本鉄塔

賤ヶ岳の2本鉄塔

程なく 2本の鉄塔が立っている、開けた場所に出ました。
周りに木が立っていないので、東西どちら側を見ても、とても見晴らしが良くなっています。

山から交差点「大音」

山から交差点「大音」

国道8号線の交差点「大音」を通って福井方面へ行くとき、山上に見えるのがこの鉄塔です。
ふもとに目をやると、最近道路を付け替えた交差点「大音」付近がよく見えました。

反対側を見ると、琵琶湖に突き出た葛篭尾崎(つづらおさき)とポツンと浮かぶ竹生島(ちくぶしま)がよく見えます。

道は緩やかに上って山を越える

鉄塔のあたりからは、道が段階的に上っていきます。
丸太の階段を上り切ると、しばらくは道が平らになるので、呼吸が整えられます。

何度か丸太の階段を登っていると、山を越えたようで、今度は下り坂が始まりました。

赤尾集落分岐点

左のふもとに赤尾集落

やっぱり下り切ったところには、尾根越えの道が尾根を横切っていました。
左に進むとふもとにある赤尾集落に下りられるようです。

そういえば浅井長政(あざい ながまさ)の居城であった小谷城跡(おだにじょうせき)には、赤尾屋敷跡という曲輪が遺っています。

指揮をする戦国武将

その屋敷の主であった赤尾清綱(あかお きよつな)は、浅井三将のひとりであり、赤尾集落の出身だったようです。

有漏神社への分岐点

折れた枝や倒木が行く手を阻(はば)みますが、慎重に歩いていきます。

有漏神社分岐点

右ふもとに有漏神社

すると有漏神社(うろ じんじゃ)への分岐点に差し掛かりました。
柵が作ってあって行けないようにしてあるので、廃道になっているのかも知れません。

有漏神社は琵琶湖の水辺に建っており、舟楫(ふなかじ)の神様が祀(まつ)られています。琵琶湖対岸の堅田付近の漁師たちが氏子なので、舟に乗ってはるばる参拝するそうです。

 

さらに山本山へ歩いていきます。

【滋賀】賤ヶ岳山頂から山本山城跡を経由して河毛駅へ その3 (西野山古墳と阿曽津千軒篇)
昨日(2019.07.06)、滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)にある賤ヶ岳のふもとを走っていたら、「賤ヶ岳リフト」と書かれた真っ赤な幟(のぼり)を見付けました。 賤ヶ岳リフトが昨日から再開したようなので、早速本日(2019.07.07)乗りに行くことに。 山頂駅に着いたら、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました