【滋賀】賤ヶ岳山頂から山本山城跡を経由して河毛駅へ その3 (西野山古墳と阿曽津千軒篇)

超低山登山
この記事は約4分で読めます。

昨日(2019.07.06)、滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)にある賤ヶ岳のふもとを走っていたら、「賤ヶ岳リフト」と書かれた真っ赤な幟(のぼり)を見付けました。

賤ヶ岳リフトが昨日から再開したようなので、早速本日(2019.07.07)乗りに行くことに。
山頂駅に着いたら、以前から行きたかった山本山まで、尾根道を伝って歩いてきました。

賤ヶ岳山本山歩道の入り口から歩きはじめて、山梨子集落と赤尾集落への分岐点を通り抜け、対岸の堅田付近の漁師たちがお祀りしているという有漏(うろ)神社の分岐点まで来ました。

スポンサーリンク

磯野山城址の分岐点

磯野山城跡分岐点
磯野山城跡(片道20分)

さらに賤ヶ岳山本山歩道を歩いていくと、磯野山城址を指し示す案内板を見付けました。
片道20分とあるので城跡を見て回っていると、往復で 1時間近く掛かるかも知れません。

今回はそんな余裕が無いので、磯野山城址を訪れるのは諦めました。

調べてみると磯野山城址は、賤ヶ岳山本山歩道からかなり外れたところにあります。
県道44号線(さざなみ街道)を通ると見える「磯野山城址」の看板がそうだったようです。

ただ磯野山城址を訪れる人のために、駐車場は用意されていないようです。

木にできた大きなコブ

木のコブ
木に出来た大きなコブ

ところで山の中を歩いていたら、木に出来た大きなコブを見付けてしまいました。
最初見たときは、何かの生き物が木にしがみついているのかと思って、驚いてしまいました。

今までに見た木のコブは、比較的小さなものばかりだったので、ここまで成長するのだと初めて知りました。

さらに山本山を目指して歩いていきます。

西野山古墳は古保利古墳群のはじまり

西野山古墳
西野山古墳(古保利古墳群A-2号墳)

さて道をどんどんと下っていくと、「西野山古墳」という前方後円墳に着きました。
古保利古墳群(こほり こふんぐん)に属しており、その中でも最大級のものらしいです。

ちなみに「古保利」とは、ふもとにかつてあった古保利村に由来します。
その村の名前もそもそもは、昔の行政単位であった「郡(こほり)」から来ているようです。

山本山へと連なる山々
山本山へと連なる山々

さらに進んでいくと、遠くに山本山が望める見通しの良い場所に出ました。
かなり歩いてきたと思いましたが、山本山までの道のりは長いようです。

かつて存在したという阿曽津千軒

西野山古墳を過ぎると、山道は一気に下り坂になります。
あとで山本山に登らなければならないことを考えると、すこし不安になりました。

西野・阿曽津千軒分岐点
分岐点(左)西野集落(奥)山本山(右)阿曽津千軒集落跡

古墳らしき場所を見ながらひたすら下っていくと、「海老越し」とよばれる尾根越えの道に差し掛かりました。

山道を右へ下りていくと、琵琶湖のほとりにかつて存在した「阿曽津千軒(あそづ せんげん)」とよばれる集落跡に行けるようです。

津波

多くの家が建ち並ぶ集落だったようですが、大津波に飲み込まれて水没してしまいました。
現在は辛うじて石垣だけが遺っているそうです。

阿曽津ばばあの伝承

阿曽津村が水没した話は、周辺地域に「阿曽津婆の伝承」として伝わっています。

サラ金の広告

昔むかし琵琶湖のほとりには、たいへん栄えた阿曽津村という大きな集落がありました。
そこには大金持ちの老婆が住んでおり、お金を村人たちに貸し付けていたそうです。

ただその老婆のあまりの強欲ぶりに、村人たちは腹を立ててしまい、老婆を簀巻き(すまき)にして、琵琶湖に投げ入れてしまいました。

簀巻きとは、簀(す)で人体を巻いて水中に投げ入れる、という私的制裁のこと。
身動きがとれないので、そのまま放置すれば、溺(おぼ)れて死にます。

津波から逃げる人々

たまたま居合わせた堅田の漁師に助けられますが、介抱も虚しく老婆は息絶えてしまいます。
老婆の祟りなのか、間もなく阿曽津村は大津波に襲われてしまいました

村人たちは村を捨て、命からがら山を越えて、山の東側に住み着いたそうです。

阿曽津の老婆が、簀巻きにされるほど強欲だったかどうかは、実際のところ判りません。

さらに賤ヶ岳山本山歩道を歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました