【静岡】修善寺温泉と伊豆半島北部をめぐる旅 その2 (修善寺虹の郷前篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前、母と横浜に住んでいる妹と三人で冬に、静岡県伊豆市(いずし)の修善寺(しゅぜんじ)温泉に遊びに行きました。

三島駅からローカル鉄道で中伊豆の修善寺駅まで行き、レンタカーで修善寺虹の郷(にじのさと)の入り口まで来ました。

【静岡】修善寺温泉と伊豆半島北部をめぐる旅 その1 (伊豆修善寺へ篇)
以前、母と横浜に住んでいる妹と三人で冬に、静岡県伊豆市(いずし)の修善寺(しゅぜんじ)温泉に遊びに行きました。東伊豆の海岸沿いには何度か行ったことがあるのですが、中伊豆はまるっきり行ったことがありません。だから、ほとんど初めての場所ばかりを旅することになりました。三島駅で鉄...
スポンサーリンク

修善寺虹の郷ってどんなところ?

修善寺虹の郷は、静岡県伊豆市(いずし)にあるテーマパークです。

修善寺温泉からはほど近く、もともと山だったところを利用して施設が作られていますので、園内は起伏に富んでいます。

お城

また、園内はイギリス村やカナダ村など、いくつかのテーマ毎に分かれており、敷地面積はかの有名な東京ディズニーランドに匹敵します。

なお、イギリス村とカナダ村の間には鉄道が敷かれていますので、疲れたらトロッコ列車に乗って移動できます。

修善寺 虹の郷(にじのさと)|花と緑の公園 - 静岡県伊豆修善寺の虹の郷(にじのさと)は、より自然に近い環境をお楽しみいただける花と緑あふれる公園です。
静岡県伊豆修善寺の虹の郷(にじのさと)は、より自然に近い環境をお楽しみいただける花と緑あふれる公園です。

はじまりはイギリス村から

チケットを買って修善寺虹の郷の中に入ると、最初はイギリス村になっています。
中世のイギリスの町並みを模した建物が並び、それぞれの建物からは英国旗が出ていました。

イギリスの国旗

このあたりは、入り口と出口を兼ねているので、大体の建物がおみやげ屋さんです。
最初におみやげを買ってしまうと、荷物になって邪魔なので、あとで入ることにしました。

イギリスの町並みを抜けると、右の方に鉄道のロムニー駅が見えてきます。

ロムニー駅の横の踏み切りを

ちょっとだけロムニー駅を見たくなって、近くまで寄ってみました。
外観こそ昔の建築物のように見えますが、よく見るとそれほど古びてはいません。

ロンドン2階建てバス

すぐ近くには、2階建てのロンドンバスも停まっていて、オープンカフェになっています。
その店の名前は「ペニーレイン」といい、ビートルズの曲名が付けられていました。

しかし、まずは伊豆の村に向かいます。
そのロムニー駅の左側にある踏み切りを渡って、階段を下りていきました。

山の斜面に沿った伊豆の村

修善寺坂と呼ばれる石段の片側には、坂に沿っておみやげ屋さんが段々になって軒を連ねています。

平屋の古民家

修善寺坂を下りきっても、さらになだらかな下り坂が続き、お店が連なります。
まだお昼ご飯がまだでしたので、最後の「しゅぜんじ庵」でうどんを注文しました。

うどん

干し椎茸を戻すのに手間取ったのか、出てくるまでにかなりの時間が掛かりました。
残念ながら、それでも椎茸は硬かったのですけどね。

つづけて日本庭園に進みます。

冬だったので寂しい日本庭園

日本庭園の入り口は、屋根瓦の載った門になっています。
その門から園内に入ると、巨大な池のある日本庭園が広がっていました。

鹿威し

一般的に池のある日本庭園は、鬱蒼とした木々が生い茂り、地面や石が苔むしているものなのですが、木が少なくて何だかスッキリした感じの庭です。

湖

さて、日本庭園の池の西側のほとりを歩いていくと、少し丸みを帯びた木製の橋が、池の端に架かっていました。

橋の向こうを指し示す看板には、夏目漱石記念館と書かれています。
ちょっと寄ってみることにしました。

古民家喫茶、夏目漱石記念館

夏目漱石

橋を渡ったところには、古民家の中に作られた夏目漱石記念館があります。
ところが玄関先には、喫茶メニューが立て看板に仕立てられて、設置してありました。

どうやら夏目漱石記念館は、古民家カフェのようになっているようです。

カフェ

しかしボクたちは、ついさっき食事をしたばかりで、まだお茶をする気分ではありません。
だから、ちょっと中に入りそびれてしまいました。

巨大な日本庭園の中をまだまだ歩いていきます。

【静岡】修善寺温泉と伊豆半島北部をめぐる旅 その3 (修善寺虹の郷後篇)
以前、母と横浜に住んでいる妹と三人で冬に、静岡県伊豆市(いずし)の修善寺(しゅぜんじ)温泉に遊びに行きました。 修善寺駅でレンタカーを借りて、修善寺虹の郷(にじのさと)に行き、園内を散策しています。 菖蒲園に菖蒲はなく、藤棚には藤はなく さて、夏目漱石記念館は古民家...

コメント

タイトルとURLをコピーしました