【キラキラネーム】家裁で名前の変更が許可されるのは、社会生活に支障がある場合

その他 法律
この記事は約4分で読めます。

山梨県に住む高校3年生の男性が、親に付けられた「キラキラネーム」から、自分で命名した「ありふれた名前」になって再出発しました。

地元の家庭裁判所に改名の申し立てをし、改名の許可を得たそうです。

これまでその「キラキラネーム」のせいで、嫌な思いをしたこともあったそうです。
しかしこれからは心機一転、良い人生を送って欲しいものです。

スポンサーリンク

キラキラネームとは

キラキラネームとは、極めて個性的で、一般的な常識の範囲を逸脱した名前を言うそうです。

キラキラネームの名付け親は、それを独創的とか個性的とか感じているらしいのです。
ところが、世間的には良い評判は聞きません。

聞き返す

耳で聞いたときに、名前だと認識されないことが多いので、何度も聞き返すことになります。
また漢字と読み仮名が掛け離れているものも多く、解読はスパコンでも不可能です。

学校の先生などは、キラキラネームを覚えるのに四苦八苦しているそうです。

本名を偽名ではないかと疑われ

「キラキラネーム」を付けられた彼が、改名を考え始めたのは、中学3年生のころです。
きっとそれは成長して、初対面の人と接する機会が、多くなってきたからなのでしょうね。

カラオケ店などで会員登録するために、登録用紙に名前を記入して差し出すと、偽名ではないかと怪しまれ、何度も何度も確認されたそうです。

自己紹介

また高校に入学すると、当然のことながらクラスや部活動で自己紹介をすることに。
「キラキラネーム」を言った途端、女子生徒に吹き出され、心に衝撃を受けたそうです。

キラキラネームの改名を決意

幸いなことに「キラキラネーム」による、いじめの被害は無かったそうです。
しかし 3年間の高校生活で、「キラキラネーム」による惨めな思いは募っていきました。

卒業証書と筒

ということで高校を卒業して新生活が始まるのを目前にし、さまざまな場面で悩まされてきた「キラキラネーム」の改名を決意したそうです。

母親は不満を漏らしましたが、父親はと快く許してくれたそうです。

「ありふれた名前」になった彼は 4月から大学へと進み、自己紹介で苦痛を感じることもなく、学生生活を楽しむことでしょう。

家庭裁判所で名の変更の許可を得る

家庭裁判所

さて「改名」をしたい場合は、家庭裁判所に申し立てをして、許可を得る必要があります。
ただし単なる個人的な趣味感情信仰上の希望などでは許可されません。

「改名」をしなければ社会生活において支障があるなどの、正当な理由が必要です。

古くから続く老舗(しにせ)などで、跡取り息子が「○○右衛門」などと改名した例は、たまに聞きます。

申し立てできる人

名前を変更しようとする本人(本人が15歳未満の場合は、その法定代理人)

申し立て先

申し立てる人の住所地を管轄する家庭裁判所

必要な費用

収入印紙

  • 収入印紙 800円分
  • 連絡用の郵便切手(家庭裁判所によって変わります)

必要な書類

書類と封筒

  • 名の変更許可申立書(ひな形とその記入例は、裁判所のホームページにあります)
  • 申し立てる人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 必要に応じて、名前を変更しなければならない理由を証明する資料など

市区町村役場で名の変更を届け出る

市役所

家庭裁判所から改名の許可を得たら、市区町村役場に届け出をして、戸籍上の名前を変更してもらう必要があります。

なお大まかには次の通りですが、市区町村役場によって対応に多少の違いがあります。

届け出できる人

名前を変更しようとする本人(本人が15歳未満の場合は、その法定代理人)

届け出先

届け出る人の本籍地または住所地の市区町村役場

必要な費用

無料

必要な書類

書類と封筒

  • 名の変更の届出(ひな形とその記入例は、市区町村ごとのホームページにあることも)
  • 届け出る人の印鑑
  • 家庭裁判所の審判書謄本
  • 必要に応じて、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)など

あとがき

本人のためを思ってしたことが、本人にとって仇(あだ)になってしまうことがあります。
一時の流行りで変わった「名前」を付けると、将来その子が損をすることも。

指をしゃぶる赤ちゃん

子どもの名前は一度、出生届を出したら簡単に変更できません。
慎重に考えてから名付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました