【受信契約】NHKのBSデジタル放送を見たら、メッセージが出ていたので消しました

独り言
この記事は約3分で読めます。

ボクは地元のケーブルテレビと、テレビだけでなく、インターネットIP電話も契約しています。
田舎暮らしなので他に選択肢がないのですが、たいへん満足しています。

インターネットを高速化したくて、つい最近ケーブルテレビの回線を光回線に切り替えました。
するともれなく、BSデジタル放送(以下、BS放送)が観られるようになるそうです。

パラボラアンテナ

BS放送を観たかった訳ではないのですが、観られるとなれば、観てしまうのが人間のサガでしょう。
BS放送を見たら、テレビ画面に邪魔なメッセージが出ていたので、消去して BS放送の受信契約をしました。

スポンサーリンク

NHKのBS放送を観たら

光回線工事のその日、BS放送が観られるようになったので、テレビを点けて BS放送を映してみました。
民間放送(通称、民放)を観ているときには、特に何も問題はありません。

しかしチャンネルを NHK(正式名称、日本放送協会)に変えると、テレビ画面の左下隅に、これ見よがしに大きなメッセージが表示されていました。

受信料の案内をする女性

このメッセージは設置確認メッセージといって、設置された BS受信機の登録を促すものだそうです。
登録しない限り、設置確認メッセージが表示され続けるようです。

テレビだけでなく、ブルーレイ・DVDレコーダーなどの録画機器の登録も必要です。
録画機器の登録を忘れると、録画映像に設置確認メッセージが表示されたままになります。

BS受信機を登録

テレビのリモコン

設置確認メッセージをよく読むと、まずはリモコンの青ボタンを長押しするようにとのこと。
長押ししていると、画面に B-CASカード番号登録サイトのQRコードが表示されました。

BS受信機の登録は、スマホだけでなく、パソコンや電話からもできるようです。

QRコードを読み取る男性

スマホで、その QRコードを読み取ると、メッセージ消去お申込み画面が表示されました。
一度に BS受信機を 3台まで登録できるようです。

NHK の受信料は世帯ごとなので、受信機が世帯に何台あっても受信料は増減しません。

自宅には、テレビと DVDレコーダーがそれぞれ 2台ずつ、合計 4台あったので、2回に分けて登録しました。
続けて登録すると、情報が 2回目にも引き継がれるので、面倒なのは B-CASカード番号の入力だけです。

消えた設置確認メッセージ

BS受信機の登録を済ませて、テレビ画面に目を向けると、設置確認メッセージは消えていました。

テレビでサッカーを観る家族

NHK からのメールによれば、BS受信機を登録すると、コンピューターが自動的に設置確認メッセージを消去する信号(以下、消去信号)を電波に乗せて送るそうです。

設置確認メッセージを消去するためには、消去信号をBS受信機で受信しなければなりません。
NHK の BSデジタル放送に、10分ほどチャンネルを合わせる必要があります。

消去信号は、登録した日から 2週間を越えると停止するので、注意が必要です。

設置確認メッセージの消去という言葉を使っていますが、結局はBS受信機を登録させるものです。
テレビ画面を質(しち)にとるとは、上手い手段を思いついたものです。

支払い方法の指定

最後は支払い方法の指定をしました。

NHK とはすでに「地上波デジタル放送」を受信契約しています。
支払い方法は、現在のまま続行することにしました。

預貯金通帳

NHK の受信契約が上手く変更できたようで、すぐに「(NHK放送受信料)お申し込み受付完了のお知らせ」というメールが届きました。

あとがき

新聞のテレビ欄を見ると今日の夕方、母親の好きな演歌歌手が登場する、うた番組が放送予定でした。
さっそく DVDレコーダーで録画予約をすることに。

演歌歌手

母親は放送時間である夕方に、テレビの前に座って観たようです。
ボクは確認のため、あとで録画したものを観てみました。

どちらのテレビ画面にも、設置確認メッセージは表示されていませんでした。
BS放送は再放送が多いので、もっとたくさん良い番組を放送してほしいです。

新・BS日本のうた - NHK
日本人の心に深く残る歌の数々、多くの人々の支持を集め長年親しまれている「日本のスタンダード・ナンバー」ともいうべき名曲を紹介する、音楽番組です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました