【滋賀】東近江市の須田不動尊経由で繖山へ その1 (博物館から不動尊へ篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

琵琶湖の東側には、滋賀県の東近江市と近江八幡市にまたがる繖山(きぬがさやま)あります。
至るところに神社や仏閣、城跡があるので、これまでに何度も登ってきました。

ところがまだ、雨宮龍神社から繖山三角点までの尾根筋を歩いていません。
その間にある地獄越という峠も、とっても気になります。

ということで、繖山に登ってきました。
登山パーティーがめずらしくたくさんいたので、いろんな意味で大変でした。

近江風土記の丘駐車場へ

まずは近江風土記の丘(滋賀県立 安土城考古博物館)の駐車場へ向かいました。
国道8号線の交差点「西生来町」で北へ入って、東海道新幹線の高架下をくぐり抜けます。

近江八幡市安土町総合支所前の峠を越えて、しばらく走ったら交差点「加賀団地口」で東へ。
道路案内標識に導かれるまま進むと、安土城考古博物館に着きました。

近江風土記の丘案内図
近江風土記の丘案内図

近江風土記の丘は、滋賀県下の歴史的建造物がいくつか移設された歴史公園で、安土城考古博物館もあります。
自動車を駐車場に停めたら、とりあえず多目的広場に寄ってトイレで用を済ませました。

地獄越の西側ふもとへ

さて近江風土記の丘からは、繖山の山すそに整備された遊歩道を時計回りに歩いていきました。
かつて蒲生郡安土町にあった、洋風建築のおしゃれな交番の前を通ります。

しばらくすると遊歩道は、県道2号線に寄り添うように曲がって、東近江市へ入っていきました。
県道2号線を車で走っているときに、見掛けた人たちは、ここを歩いていたようです。

そのまま「ぐるっときぬがさコース」と名付けられた、サイクリングコースを歩いていきました。
しばらく歩いていると、やわらぎの郷公園が見えてきます。

やわらぎの郷公園を通り抜けて

ということで、やわらぎの郷公園の中へ入っていきました。
このあたりの森林は地獄越え生活環境保全林に指定されており、整備が進められているそうです。

さてやわらぎの郷公園を通り抜けると、五十余州神社がありました。
社歴によると、観音寺城が陥落したときに戦死した、佐々木氏の一族50人ほどを祀(まつ)っているそうです。

ちなみに近江国輿地志略では、蒲生郡と神崎郡が境界をめぐって争い、50人ほどが死んだ場所とされてます。
それらの亡骸を須田村に埋めて郡境とし、その目印として植えられた松を「五十余士の松」というのだとか。

近江国輿地志略. 下(巻49至100) のコマ番号:84/241
国立国会図書館デジタルコレクションより

現在の須田町が、北と南に分かれている理由も説明できます。

須田不動尊へお参り

五十余州神社からエンジ色の緩やかな坂道を登っていくと、古めかしい道しるべがありました。
予定にはなかったのですが、折角なので不動尊へお参りしていくことにします。

どこまでも続いていそうな長い階段を登っていくと、無人の寺務所?に着きました。
須田不動尊の正式名称は「深谷不動明王」というようです。

ということで石橋を渡って石段を登り、須田不動尊へお参りしてきました。
水の流れ落ちる音は聞こえなかったのですが、近くには須田不動の滝もあるようです。

つぎは地獄越を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました