【三重】多度大社といえば「上げ馬神事」ですが、混雑を避けて年末に参拝です

先日ひさしぶりに、三重県桑名市多度町(くわなし たどちょう)にある多度大社に行ってきました。

テレビ中継

多度大社といえば、「上げ馬神事」が有名で、毎年ニュースに取り上げられます。
年中行事の時期は、道路も駐車場も境内も大混雑します。

ということで、年末の閑散期にお参りしてきました。
その日は祝日でしたが案の定、参拝客はパラパラとしか居ませんでしたよ。

多度大社へは

岐阜県関ヶ原町から多度大社へは、いつも国道258号線を通っていきます。

交差点「香取南」で西へ曲がって県道26号線に入ると、正面に巨大な白い大鳥居が見えて、壮観なのです。

自動車を運転する男性(てへへ)

ただその日は間違えて、三重県いなべ市の方へ行ってしまいました。
最近よく行くので、いつもの調子で道を進んでしまったようです。

なお県道5号線を乗りさえすれば多度大社に着くので、大して慌てはしませんでしたけどね。

多度大社の手前の駐車場に

ということで、多度大社の手前にある有料駐車場に車を停めて、多度大社に向かいました。

多度大社「上げ馬神事」の助走路

道路側に出て、「上げ馬神事」のときに神馬が走り抜ける、助走路の上を渡りました。
影になっていて見えにくいですが、正面奥に見える土の斜面を神馬が登ります。

「上げ馬神事」を間近で見るための観覧席もたくさん作られています。
多分地元の関係者が見るためのものなのでしょうね。

三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

白馬がいる神馬舎

神馬舎

神馬舎

さて振り返ると、神馬舎があり、中には神様の使いとされる白馬がいます。
その手前には、容器に入れられた人参が置いてありますので、買うと神馬に上げられます。

栗毛の馬でも通常なかなか見られませんが、白馬になると滅多に見られません。
神馬舎を訪れる人は物珍しさもあり、跡を絶ちませんでした。

多度両宮への参道

多度大社の神楽殿

多度大社の神楽殿

では神楽殿の脇を通って、森の奥にある両宮(本宮と別宮)まで参拝に行きます。
まずは横にある手水舎で、手と口を清めます。

多度大社は山上にあり、さらに奥の両宮まで続く坂道に沿って、いくつもの社(やしろ)が建てられています。

ただ一気に何段もの階段を、一番上まで登っていくと疲れます。

しかし、途中途中にある社に参拝しながら登れば、休みながら階段を上がることになります。
それを繰り返していると、気が付いたときには両宮の入り口だった、ということになります。

多度両宮

多度両宮の神門

多度両宮の神門

というわけで、いつの間にか多度両宮の神門の手前に着いていました。
神門の向こうには、神橋を渡ったところに多度本宮が見えています。

両宮とも、同じく三重県にある伊勢神宮と、そっくりな造りになっています。

奥に本殿があって、手前の門に白い幕が下がっており、中がよく見えなくなっています。
また屋根の上に乗っている鰹木や、両端で交差する千木も同じような造りです。

伊勢国における神社の様式なのでしょうか。

まとめ

流鏑馬

多度大社は、春の多度祭りで行われる「上げ馬神事」が有名です。
しかし、秋の祭りで行われる「流鏑馬(やぶさめ)」もたいへん人気です。

多度大社はとても立派な神社ですが、それでも伊勢国二の宮なんですよね。
伊勢国一の宮は、三重県鈴鹿市にある椿大神社という、さらに広大な境内の神社なんです。

伊勢神宮

さらには伊勢神宮という、内宮と外宮とに分かれている神社まであります。
伊勢国には大きくて立派な神社が目白押しなのです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大