相続

その他 法律

【遺言書保管法】自筆証書遺言の保管を、法務局に申請できるようになります

被相続人が遺言書を残していたのかどうかを調べるのは、かなり大変です。 公正証書遺言の場合は、公証役場で探してもらいさえすれば、比較的簡単に見付かります。 しかし自筆証書遺言の場合は、被相続人に関わりのある建物の中を探したり、被相続人が信頼していた人が預かっていないかを尋ねたり、しなければなり...
その他 法律

【配偶者居住権】配偶者は居住建物に住みながら、建物以外の財産をもらえます

相続が開始したとき、被相続人の所有した建物に、配偶者が住んでいた場合には、ある権利を手に入れれば、配偶者はその建物の全部を無償で使ったり商売したり出来るようになります。 その権利を「配偶者居住権(はいぐうしゃ きょじゅうけん)」といいます。 配偶者居住権に関する法律の施行期日は、2020年0...
その他 法律

【配偶者短期居住権】配偶者は最短でも6ヶ月間、居住建物に住み続けられます

相続が開始したとき、被相続人の所有した建物に、配偶者が無償で住んでいた場合には、最短でも 6ヶ月間、配偶者はそのままその建物に住み続けられるようになります。 これを「配偶者短期居住権(はいぐうしゃ たんき きょじゅうけん)」といいます。 配偶者短期居住権に関する法律の施行期日は、2020年0...
2019.09.10
その他 法律

【不動産登記】自分で法定相続情報一覧図を作って相続登記をしたいですか?

法定相続情報証明制度という比較的新しくできた制度があります。 相続人の相続手続きは大変なので、その負担を軽くするためのものだと言います。 通常、相続関係が正当なものであることを証明するためには、被相続人の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本などの束が必要になります。 これ...
2019.01.21
その他 法律

【数次相続】高祖父の名義になっていた土地をボクの名義に変更してみました

行政書士に成り立てのころ、ちょっと勉強のため登記所に行ったことがありました。登記所では、誰でも不動産の登記簿謄本(正しくは、登記事項証明書)を取得できます。 ウチの家系が所有する不動産の登記簿謄本を取ってみたところ、ある土地が高祖父名義のままになっていました。 ということで、司法書士の...
2019.03.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました