【岐阜】岐阜市の金華山へ岩戸森林公園から その1 (駐車場から鷹巣山へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、金華山(きんかざん)があります。
山頂にある岐阜城は、斎藤道三織田信長などの居城だったことでも有名です。

10数年前に一度、長良川の河川敷駐車場から岐阜公園経由で登って、岐阜城の中を見学してきました。
ただもう大むかしのことなので、ほとんど忘れかけています。

ということで、久しぶりに金華山に登ってきました。
その直前には鷹巣山(たかのすやま)に、下山後には岩戸山(いわどやま)にも登っています。

バス停「岩戸公園前」跡の駐車場へ

まずは、岩戸森林公園の前にある駐車場へ向かいました。
岐阜東バイパスの高架下にある交差点「東栄町5」で北へ入ったら、二股で金華山ドライブウェイ方面へ。

そのまま高架脇を通って住宅地の中へ入り、せまい道を対向車に注意しながら登っていきました。
しばらくすると、道の右(東)側に駐車場があります。

岩戸森林公園前の駐車場
岩戸森林公園前の駐車場

この駐車場はかつて岐阜バスのバス回転場になっていて、さらにバス停「岩戸公園前」まであったようです。
現在はそのバス路線が廃止されたので、無料駐車場として開放されています。

岩戸森林公園を通って

金華山山岳公園周辺案内図
金華山山岳公園周辺案内図

さて駐車場から金華山方面へ歩いていくと、色あせた金華山山岳公園周辺案内図がありました。
ドライブウェイハイキングコースロープウェイなど、金華山ではさまざまな楽しみ方ができるようです。

ということで、岩戸森林公園の出入り口に着きました。
折角なので登り口近くまで、公園内をのんびりと歩いていくことにします。

グループでウォーキング

岩戸森林公園の遊歩道を歩いていると、ウォーキングしている人をチラホラと見かけました。
どうやら岐阜市民の憩いの場になっているようです。

道を間違えて鷹巣山へ

岩戸森林公園を歩きながら山側を見ていたら、立て札の立てられている登り口がありました。
金華山にはイノシシが出るようなので、クマ鈴をぶら下げて登っていくことに。

祠(ほこら)の脇を通り過ぎたあたりから、登山道はゴツゴツした岩場になりました。
どこで道を間違えたのか、いつの間にか鷹巣山を登っているようですが、構わずそのまま登っていきます。

鷹巣山の登山道には、至るところに見晴らしの良い展望岩がありました。
見える景色はほとんど同じなのですが、休憩がてら何度も立ち止まって、遠くを眺めてしまいます。

鷹巣山頂上へ

鷹巣山も頂上が近くなると、デコボコした険しい岩場が続きました。
いくつもの大岩を乗り越えていくと、ようやく景色の良い鷹巣山頂上の展望台に着きます。

遮るものがほとんどないので、ふもとに広がる岐阜の町並みが遠くの方までよく見渡せました。
金華山頂上のある北の方を見ると、豆つぶのような岐阜城が小さく見えています。

なお本当の鷹巣山頂上は、さらにすこしだけ奥へ進んだところにありました。
ただあたりは茂みに覆われているので、景色はほとんど望めません。

つぎは金華山に登ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました