【岐阜】岐阜市の金華山へ岩戸森林公園から その2 (妙見峠から金華山頂上へ篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、金華山(きんかざん)があります。
山頂にある岐阜城は、斎藤道三織田信長などの居城だったことでも有名です。

ということで、久しぶりに金華山に登ってきました。
その直前には鷹巣山(たかのすやま)に、下山後には岩戸山(いわどやま)にも登っています。

金華山周辺地図
金華山周辺地図

バス停「岩戸公園前」跡の駐車場から、岩戸森林公園を経由して、鷹巣山頂上まで登りました。

妙見峠から唐釜分岐点を通って

妙見峠の案内板
妙見峠の案内板

さて鷹巣山から来た道を下ってきたら、今度は金華山方面へ登っていきました。
程なく妙見峠と名付けられた開けた分岐点にたどり着きます。

妙見峠からは、丸太階段の整備された東坂ハイキングコースを登っていきました。
ちなみに途中の分岐点から唐釜ハイキングコースへ進むと、七曲り登山道(大手道)へ通り抜けられます。

丸太階段が終わると、登山道はゴツゴツした岩場に変わりました。
金華山は岩だらけの険しい山なので、いよいよその片鱗を見せ始めたようです。

林内コースと尾根コースとに分岐

程なく東坂ハイキングコースは、林内コース(迂回路)と尾根コースの二手に分かれました。
もちろん、危険で登り甲斐がありそうな尾根コースを歩いていきます。

ところが尾根コースを歩いてみると、ヒヤヒヤするような場所はありませんでした。
そもそも岩は登りやすいように削られていますし、多くの人が歩くので岩の角が取れて丸くなっています。

林内コース尾根コースが合流する手前まで来ると、木立の向こうに岐阜城天守が見えました。
あともうすこし頑張れば、たどり着けそうです。

舗装された岐阜城大手道

道が合流してひとつになると、つづら折りの上り坂が始まりました。
しばらく登っていると、城郭の遺構群が点在する岐阜城山上部にたどり着きます。

舗装された岐阜城大手道
舗装された岐阜城大手道

目の前に現れた岐阜城大手道は、舗装されて歩きやすくなっていました。
岐阜城は観光地化されており、ロープウェイで訪れる人たちも多いので、仕方ないのですけどね。

大手道を渡って石段を登ったところには、すっかりコンクリートで固められた堀切がありました。
むかしの岐阜城に思いを馳せながら、大手道を登っていきます。

二ノ門跡と下台所跡

さて大手道を登っていくと、かつて二ノ門が建てられていたあたりに着きました。
二ノ門跡には大きな礎石が残るのみですが、近くには代わりの冠木門(かぶらぎもん)が建てられています。

閻魔大王

冠木門をくぐると、木造閻魔王坐像が祀(まつ)られた下台所跡という広場に入りました。
ベンチがあったので、ちょっと休憩していくことに。

下台所跡分岐点
下台所跡分岐点(左)台所経由で天守(右)井戸経由で資料館

ちなみに下台所跡からは、石垣の上にそびえる岐阜城天守が見えました。
もうあとすこしで、ゴールにたどり着けそうです。

さらに金華山を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました