【岐阜】岐阜市の金華山へ岩戸森林公園から その4 (金華山から岩戸山へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、金華山(きんかざん)があります。
山頂にある岐阜城は、斎藤道三織田信長などの居城だったことでも有名です。

ということで、久しぶりに金華山に登ってきました。
その直前には鷹巣山(たかのすやま)に、下山後には岩戸山(いわどやま)にも登っています。

金華山周辺地図
金華山周辺地図

岐阜城天守を間近から見たあとは、石垣通路を下から見上げて、展望台経由で一ノ門跡まで来ました。

七曲り登山道で下山して

さて岐阜城一ノ門跡から大手道を下ってくると、ロープウェイ乗り場に着きました。
すぐ近くには、かわいいリスたちと遊べるリス村もあります。

ここからは、かつて大手道だった七曲り登山道を下っていきました。
道幅が広いので人とすれ違いやすく、ベンチが至るところに設置されているので休憩もしやすいです。

ひとしきり下ってくると、広場のような分岐点に案内板が立てられていました。
岩戸森林公園の方へ戻るため、すぐ横の七曲峠を越えます。

ドライブウェイを通って、岩戸山へ

七曲峠を越えると、すぐに金華山ドライブウェイに出ました。
道路の向こう側には岩戸森林公園へと続く山道がありますが、岩戸山に登るため道路を登っていきます。

ヘアピンカーブに差し掛かると、コンクリート柵の切れ目に岩戸山登り口がありました。
大岩の多く露出する斜面を縫うように、登山道を登っていきます。

そもそも登り始めたのが山腹だったので、すぐ岩戸山頂上に着いてしまいました。
山頂の三角点は、頑丈な石垣の上に設置されています。

このときはじめて山の名前が「岩戸山」であることを知りました。

岩戸山から岩戸森林公園へ

さて岩戸山からは、踏み跡を頼りに尾根筋を下っていきました。
はじめのうちはゴツゴツした岩場が続くので踏み跡がバラけていますが、次第に道はひとつになります。

尾根筋をずっと進んでみましたが結局、行き止まりで、それ以上進めませんでした。
来た道を戻ってみると、鞍部からすこし登った場所の木に目印が結ばれていたので、そこから下山することに。

ただ目印になるリボンは跡切れ跡切れにしかないので、あまり頼りになりませんでした。
おぼろげな踏み跡をたどって、ようやくふもとの岩戸森林公園に出られます。

あとがき

昨年、金華山に登ろうと思って、週末に岩戸森林公園に出かけてみたら、駐車場はどこもいっぱいでした。
ということで今回は、空いていそうな平日を狙って訪れています。

ボクが普段登っている山は、週末でも人っ子一人いないような場所ばかりなのですけどね。
金華山は観光地化されているせいか、平日でもたまに人と出会います。

山の頂上で叫ぶ

設置されている案内板によると、金華山には登山道が何本も張り巡らされているようです。
これから何度かに分けて、全部歩いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました