【岐阜】軍師の竹中半兵衛重治ゆかりの陣屋跡と菁莪記念館を訪れてきました

名所史跡めぐり
この記事は約5分で読めます。

竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。

大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。

急峻な山

竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました。
彼が亡くなった後に、その嫡男がお城を廃して、ふもとに構えたのが竹中氏陣屋です。

以前から、県道53号線を通るたびに気になっていたので、彼岸花が咲く頃にちょっと寄ってきました。

スポンサーリンク

竹中氏陣屋跡へ

竹中氏陣屋跡へは、関ヶ原バイパス(国道21号線)の丁字路「野上西」から県道53号線に入り、交差点「長畑」を北へ左折して集落の中を通る県道257号線を進みます。

すると左側に巨大な石垣と櫓門(やぐらもん)が見えてきます。
ボクが行ったときは、のぼり旗がたくさん立てられていましたので、すぐに判りました。

垂井町岩手の観光駐車場

垂井町岩手の観光駐車場

さらに進むと右側に無料の観光駐車場があります。

今回は登りませんが、竹中半兵衛の居城だった菩提山城跡に登るときにも、便利だと思われます。

竹中氏陣屋跡の櫓門

竹中氏陣屋跡の櫓門

竹中氏陣屋跡の櫓門

さて通ってきた道を戻って、竹中氏陣屋跡へ向かいました。
竹中陣屋跡の入り口には大きな櫓門があり、敷地の周囲は高い石垣で囲まれていたようです。

竹中半兵衛公の像

竹中半兵衛の像

櫓門の前には、有名な竹中半兵衛の像と顔出しパネルが設置されていました。
ただ竹中氏陣屋を建てたのはその嫡男の重門で、竹中半兵衛が亡くなった後の話です。

櫓門を潜(くぐ)ってみると、そこには岩手幼稚園の建物が建っていました。
そこから先は私有地になっているので、無許可では入れないようです。

現在、当時の姿を残しているのは櫓門と、周囲を囲む石垣と堀の一部だけのようでした。

石段を登って石垣の上へ

竹中氏陣屋跡の櫓門への階段

櫓門への階段

仕方がないので引き返そうとすると、石垣に石段が付いていました。
通行止めにはなっていないので、物は試しと登ってみました。

竹中氏陣屋跡の石垣の上から

石垣の上から

櫓門の上にある櫓の戸には鍵が掛かっているため入れませんが、石垣の上には登れました。
石垣の上は広く平らになっていて、登って来る敵を撃退しやすくなっています。

結構、石垣は高いので見晴らしがよかったです。

まるい玄関屋根の菁莪記念館

菁莪記念館

菁莪記念館

さて県道257号線をさらに南へ歩いていくと、菁莪(せいが)記念館があります。

「菁莪」とは、古代中国の詩篇「詩経」の中から引用された言葉で、人材を育成することを意味します。

道場

竹中氏陣屋の中にあった道場「青莪堂」に端を発し、途中「青莪義校」などを経て、現在の岩手小学校へと移り変わってきました。

なお菁莪記念館は、岩手小学校が建てられたときに、それを記念して建てられました。
中には郷土の歴史が詰まっています。

郷土岩手の歴史を展示

菁莪記念館の中は無料で見学できます。

一番奥には鎧兜(よろいかぶと)や陣羽織などが並び、手前の陳列ケースの中には古文書やジオラマで復元された「竹中氏陣屋」などが展示されています。

不思議に思う少年

ただ展示品それぞれについての説明書きが、ほとんど無いのでよく判りませんでした。

ちなみに壁際の上方には、竹中半兵衛などについての説明パネルが吊り下げられています。
それらを読めば、岩手地区と竹中氏の歴史がある程度判ります。

宝塚のスターも訪問

宝塚スターの色紙など

宝塚スターの色紙など

入り口の横にある壁には、宝塚歌劇団の方の色紙や新聞記事などが貼られていました。

宝塚歌劇団で、竹中半兵衛を主人公にしたミュージカルが公演されたようです。
公演の成功を祈願しに来たのでしょう、星組と宙組の女優さんの名前があります。

宝塚歌劇団出身の女優さんは何人か知っていますが、在団中の方はまったく知りません。
でも、同じところを訪れていることを知ると、すこしだけ親近感が湧きます。

あとがき

昔から竹中半兵衛が垂井町に関係があることは、何となく知っていました。
しかし、あまり詳しいことは知りません。

軍配

大河ドラマ「軍師官兵衛」の中で、俳優の谷原章介さんが竹中半兵衛役を演じていて、軍配を黒田官兵衛に託したことぐらいです。

いつか竹中半兵衛を主人公にした時代劇の中で、その歴史を描いてくれれば見やすいのですけどね。

【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その1 (菩提所禅幢寺篇)
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。 竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました...

コメント

タイトルとURLをコピーしました