【滋賀】野洲市小篠原の田中山(甲山)へ銅鐸博物館から その3 (田中山頂上へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県野洲市小篠原(やすし こしのはら)には、田中山があって別名を甲山いいます。
近江富士ともよばれる三上山から北尾根でつながっており、三上三山の中で一番北に位置しています。

ということで、田中山に登ってきました。
登山の前には弥生の森歴史公園を散策して、帰りに福林寺跡磨崖仏も見に行っています。

田中山周辺地図
田中山周辺地図

野洲市歴史民俗博物館の駐車場から、辻ダムのほとりを経由して、田中山に登り始めました。

田中山南側の鞍部

さて北尾根縦走路に合流して、田中山頂上が見えたのもつかの間、急勾配の下り坂が始まってしまいました。
三上山から続く北尾根縦走路は、押しなべて起伏が激しいので仕方がないのですけどね。

田中山南側の鞍部

尾根筋の鞍部まで下ってきて、左右両側の斜面を見ると、道が下の方へと続いていました。
切通になっていないので往来は少なそうですが、峠道なのかも知れません。

峠道を登ってきた方が、田中山頂上までの近道だったようです。

岩場の途中でドングリ発見

ということで、鞍部からふたたび北尾根縦走路を登っていきました。
急勾配であるだけならまだしも、砂地だったり岩場だったりするので、体力をけっこう削られます。

上り坂の途中には、秋なので枯れ葉と一緒に大量のドングリが落ちていました。
希望が丘文化公園に設置されていたパネル「ドングリみ~つけた!!」で調べると、おそらくクヌギの実です。

起伏の激しい岩場を進んでいくと、見晴らしの良い岩場があって、眼下に先ほどの辻ダムが見えました。
その向こう側には、小堤 城山鏡山も見えています。

田中山頂上にて考察

田中山頂上へは、さらに険しい岩場を登っていきました。
三上山を振り返って見ると、登り始めのころには隠れていたすそ野が、よく見えるようになっています。

最後に平坦な草むらを歩いていくと、ようやく田中山頂上にたどり着きました。
田中山は、別名「甲山(かぶとやま)」とも呼ばれているようです。

武将の兜

近江国輿地志略をひも解くと、田中山はかつて「兜鍪山」と書いて「かぶとやま」と呼ばれていたそうです。
旧中山道のそばにある山で、形がまさに兜鍪を置いたよう、だったことに由来します。

ためしに野洲郡で田中山を探してみると、大篠原村の古城跡のある山が「田中山」だと書かれていました。
永原越前守の城跡とのことなので、現在の「小堤 城山」を指しているものと思われます。

近江国輿地志略. 下(巻49至100) のコマ番号:63, 74/241
国立国会図書館デジタルコレクションより

田中山展望台からの眺め

田中山頂上分岐点(左)旗振山(奥)展望台

さて田中山頂上から旗振山へ向かって歩き出すと、すぐに分かれ道がありました。
旗振山へは左の道を進むようですが、ためしに少しだけ寄り道していきます。

すると行き止まりが、見晴らしの良い展望台になっており、雄大な湖東平野が広がっていました。
正面には、中腹に長命寺のある長命寺山や、ロープウェーで登れる八幡山が見えます。

危うく絶景を見逃すところでした。
寄り道して良かったです。

つぎは旗振山へ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました