【岐阜】多良峡もみじを大垣市上石津町の多良峡森林公園に見に行ってきました

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

今日は母を連れて、岐阜県大垣市上石津町(おおがきし かみいしづちょう)の多良峡(たらきょう)森林公園まで、紅葉を見に行ってきました。

大垣 多良峡もみじ2018

大垣 多良峡もみじ2018

昨日たまたま国道365号線を走っていたら、沿道に「大垣 多良峡もみじ2018」と書かれた赤い幟(のぼり)を、たくさん見かけました。

交差点を曲がって、多良峡へと向かう自動車を何台も見かけましたので、一度行ってみることにしました。

スポンサーリンク

多良峡森林公園へは

多良峡森林公園は、岐阜県関ヶ原町から国道365号線を南下し、長いトンネルに入る直前の交差点「川西」で南東へ左折して、牧田川沿いの狭い旧道を進んでいくとあります。

渋滞

この時期は、多良峡のもみじを見に行く車で、牧田川沿いの旧道は交通量が増えます。
そのため旧道は、この時期にかぎり一方通行になっています。

トンネルの南口の、ガソリンスタンドがある交差点「下多良」からは、進入禁止になっていますので、ご注意を!

地元の方によると、交差点「川西」の近くにある長彦神社は、隠れたもみじの名所だそうです。

色づきはじめた、多良峡もみじ

さて、牧田川沿いの旧道を進んでいくと、多良峡森林公園の入り口に誘導員の方が待機していて、公園内へと誘導してくれました。

コンクリートで白く舗装された道路を、うねうねと下っていくと、無料駐車場に着きます。
駐車場の周りにももみじの木が植えられて、紅葉がはじまっている木もありました。

多良峡森林公園の駐車場のもみじ

多良峡森林公園の駐車場のもみじ

もみじの木はソメイヨシノと違って、一本の木から作られたクローンではないので、色づき始めるのもバラバラになります。

しかしそれが、赤と緑のコントラストになって、美しく映えるのだと思います。

ちょっと寂しい、牧田川の岸辺

スライドショーには JavaScript が必要です。

多良峡森林公園の駐車場からは、牧田川の岸辺に行けるようになっています。
もみじの木が植えてありますが、まだちょっと本数がすくないような気がします。

もともとは杉の木がたくさん植えてあった場所なのでしょう。
現在はまだ、杉の木からもみじの木に植え替えている途中のように見えます。

カエデとイチョウ

これがすっかり、もみじの木に植え替わると絶景になると思います。

頑丈そうな、つり橋の先には

多良峡のつり橋

多良峡のつり橋

多良峡森林公園の中を歩いていると、頑丈そうなつり橋がありました。
ここのつり橋の踏み板は、隙間なく敷き詰められていますので、安心して渡れます。

ただ、ワイヤーで吊られた橋なので、歩くとその振動が伝わって揺れます。
河原からそれほど高くはありませんが、高所恐怖症の方は歩かない方が無難です。

家族で紅葉狩り

なお、つり橋を渡った先は遊歩道になっています。
北の方へ向かって道は続いていて、森の中の散策を楽しめるようです。

多良峡のつり橋から牧田川を望む

多良峡のつり橋から牧田川を望む

ただ、あまり遠くまで行くと戻ってくるのが大変なので、すぐに戻ることにしました。

多羅城はどこですか?

ところで最近、国道365号線で大垣市上石津町の多良地区を走っていると「多羅城(たらじょう)」と書かれた幟(のぼり)を見かけるようになりました。

多良峡森林公園の特産品販売所で、地元の方に多羅城の所在地について尋ねてみました。
すると現在は、多羅城の候補地が 4ヶ所あるだけで、まだ特定されていないそうです。

明智光秀

実は明智家関連の古文書に、明智光秀の生誕の地が、美濃多羅城だと書いてあるそうです。
大河ドラマで町おこしをするため、ただいま調査しているそうです。

2020年のNHKの大河ドラマは、明智光秀を主人公にした「麒麟がくる」です。

あとがき

多良峡森林公園のもみじは、他の有名なもみじの名所などと比べて、まだもみじの木の本数が少ないように感じました。

紅葉した森

旧道沿いにももみじの木を植えているようですが、まずは公園内のもみじの木をもっと充実させるべきだと思います。

揖斐川町の谷汲ゆり園は、最初はゆりの本数が少なかったのですが、段々と本数を増やしていっています。

多良峡もみじも、これからに期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました