【滋賀】東近江市の太郎坊宮を参拝して箕作山へ その6 (ハイキング中盤篇)

超低山登山
この記事は約4分で読めます。

滋賀県東近江市小脇町(ひがしおうみし おわきちょう)の赤神山(あかがみやま)にある太郎坊宮という神社まで、徒歩で石段を登って参拝してきました。

折角なのでそのまま、箕作山(みつくりやま)の頂上まで登って、瓦屋寺経由でふもとまで下りてきました。

【滋賀】東近江市の太郎坊宮を参拝して箕作山へ その1 (ふもとから展望台へ篇)
滋賀県東近江市小脇町(ひがしおうみし おわきちょう)の赤神山(あかがみやま)には、有名な太郎坊宮という神社があります。 以前から何度か参拝しているのですが、いつも山の中腹までは自動車で上がっていました。 今回はふもとから本殿まで、すべて徒歩で登ってみました。 折角なのでそのまま、箕作山...
太郎坊阿賀神社ご案内図

太郎坊阿賀神社ご案内図

太郎坊宮の絵馬殿のあたりからふたたび表坂龍神舎まで登ったあとは、みつくり山ハイキングコースに入って、荒れた石畳や石段の道を歩き、見晴らしの良い大岩まで来ました。

スポンサーリンク

地すべり跡を迂回して

案内板「赤神山 0.5キロ」

案内板「赤神山 0.5キロ」

結構、進んだと思ったのですが、太郎坊宮からまだ 200メートルしか来ていないようです。
赤神山なら残り 500メートルなのですが、目的地は箕作山なので参考になりません。

地すべり跡

地すべり跡

さらに登っていくと、大きな地すべり跡の手前まで来ました。
地すべり跡はすでに、丸太やネットで土留めされ、草が生えてきたので、大丈夫のようです。

登山道は地すべりを迂回するように、付け替えられていました。

赤神山と箕作山の分岐点

分岐点(左)赤神山(右)箕作山

分岐点(左)赤神山(右)箕作山

赤神山まで残り 200メートルの地点まで、ようやくやって来ました。
もちろん箕作山へ向かうのですが、残り 2キロになっていたので、すこし驚きました。

赤神山との分岐点から箕作山まで実際は、0.8キロメートル程度のようです。
もしかすると、箕作城跡がある清水山頂上までの道のりかも知れません。

誰が置いていったのか、杖が案内板に放置されていました。

ちなみに赤神山は登っても良いらしいのですが、南北に2つある頂上のうち、ご神体になっている南側の頂上には登って欲しくない、と太郎坊宮の案内板にありました。

みつくり君休憩所

赤神山と箕作山の分岐点を過ぎると、しばらくの間は、なだらかな山道になります。
楽しく山歩きをしていると、前方に休憩所らしきものが現れました。

みつくり君休憩所

みつくり君休憩所

みつくり君休憩所は、地元の方が作ったあずま屋です。
鉄パイプの骨組みで作られた簡易的な建物ですが、日かげで休憩できるのはありがたいです。

遠足グッズ

周りの板塀がすのこで出来ていて隙間があるので、夏場は風が通って涼しそうです。
備え付けのベンチとテーブルは、お弁当を食べるのにも良さそうでした。

箕作山山頂と瓦屋寺の分岐点へ

ふたたび歩きだすと、程なく「右 瓦屋寺」と刻まれた石碑まで来ました。

最初見たときは「尾屋寺」と読めたので、別のお寺があるのかと思ったのですが、「尾」だと思ったのは「瓦」の異体字だったようです。

箕作山山頂まで残り 0.4キロ

案内板「箕作山山頂 0.4キロ」

箕作山山頂まではあと、400メートルになりました。
赤神山との分岐点で見た道のりよりも近いことが判って、ホッとしました。

箕作山と清水山の分岐点へ

クモの巣やヤブ蚊と戦いながら登っていくと、何故かケルンらしきものがありました。
山頂でも分岐点でも無いので、もしかしたら慰霊のためのものかも知れません。

ケルンとは、石を積み上げた塚のことをいい、ケアンともいいます。
ドイツの都市「ケルン」のことではありません。

ただ最近は、面白半分で積み上げる人が多くなり、意味のないケルンが増えてしまって、問題になっているそうです。

案内板「箕作山山頂 0.2キロ」

案内板「箕作山山頂 0.2キロ」

箕作山山頂までは残すところ、200メートルとなりました。

 

さらに箕作山を登ります。

【滋賀】東近江市の太郎坊宮を参拝して箕作山へ その7 (ハイキング終盤篇)
滋賀県東近江市小脇町(ひがしおうみし おわきちょう)の赤神山(あかがみやま)にある太郎坊宮という神社まで、徒歩で石段を登って参拝してきました。折角なのでそのまま、箕作山(みつくりやま)の頂上まで登って、瓦屋寺経由でふもとまで下りてきました。みつくり山ハイキングコースを歩いて、赤神山の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました