【岐阜】美濃市大矢田の白山神社から天王山へ その2 (#172鉄塔から展望岩へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県美濃市(みのし)には、天王山(てんのうざん)があります。
以前ふもとの大矢田神社(おやだ じんじゃ)から、険しい登山道を山頂まで登ってきました。

今回は、二町グラウンド近くの白山神社から天王山頂上まで登ってきました。
下山するときは、天王山頂上から南側尾根筋を下っています。

天王山・誕生山ルート案内図
天王山・誕生山ルート案内図

大矢田神社の駐車場から、二町グラウンドまで歩いて、近くの白山神社でお参りしたあとは、そのまま #172鉄塔まで登ってきました。

スポンサーリンク

ヤブの中を登って登山道に合流

ということで #172鉄塔からは、そのままヤブになった尾根筋を登っていきました。
途中に咲き始めていたムラサキツツジが、春の訪れを感じさせます。

しばらく尾根筋を登っていると木の陰に、イノシシの仕業と思われる掘り起こした跡がありました。
土があまり乾燥していないので、まだあまり時間が経っていないようです。

次第に斜面の勾配が急になってきて、登りにくくなったので、登山道を目指して左の方へ横移動します。
すると何とか無事に、本来歩く予定だった登山道に合流できました。

登山道を通って、#170鉄塔へ

さて終盤の水平移動が多くなった登山道を登っていくと、天王山誕生山とを結ぶ縦走ルートに合流しました。
すぐそこの高台に、#170鉄塔が見えます。

#170鉄塔までの道を駆け上がっていくと、鉄塔の向こうに雪を頂いた山が見えました。
鉄塔のあるこの高台は開放感があって、四方を見渡せるのでおすすめです。

前回は神洞グラウンドへ下りていったのですが、今回は縦走ルート天王山方面へ歩いていきます。
すこし歩き始めたところからふもとを眺めると、雄大な景色が広がっていました。

大岩の間を縫うように

縦走ルートをのんびりと天王山方面へ歩いていると、地面から岩が露出するようになりました。
躓(つまづ)かないように、足元に注意しながら登っていきます。

そのうちたくさんの大岩群が、尾根の上で行く手を遮るようになりました。
大岩のすき間を縫うように通ったり、上をまたいだり乗り越えたりしながら進んでいきます。

その直後には、尾根筋にしては珍しく、大きく落ち窪んだ場所もありました。
何らかの横穴があったと考えられるので、もしかすると防空壕や古墳などがあったのかも知れません。

岩場の展望所でひと休み

しばらく下り坂が続いたのち、ふたたび登り始めると、道は次第に急勾配になっていきました。
斜面には岩が点在し、根っこが地面に張り出しています。

さらには風化して脆くなった岩盤の上に、階段状の道が造られていました。
途中に展望岩とよばれる場所があったので、ちょっと景色を見がてら休憩していくことにします。

すると、左に見える誕生山からここに至るまで、縦走ルートがものの見事に見えていました。
その向こうには長良川も見えており、圧巻の景色です。

さらに縦走ルートを歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました