【滋賀】米原市清滝にある清瀧寺徳源院の周辺を巡る その2 (道誉ざくらと庭園篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

昨日(2019年04月07日)、滋賀県長浜市(ながはまし)でごはんを食べた帰り道に、たまたま乙姫農免道路を通って、米原市清滝(まいばらし きよたき)を通ったときのことです。

清滝の広場に生えている桜が満開だったので、久しぶりに徳源院の桜を見に行くことに。

まずは「さくら並木」を歩きながら桜の花を眺めて、途中で見つけた清滝神社に参拝し、続けて石畳の参道を歩いて、清滝寺徳源院の門前まで来ました。

【滋賀】米原市清滝にある清瀧寺徳源院の周辺を巡る その1 (清滝神社篇)
昨日(2019年04月07日)、滋賀県長浜市(ながはまし)でごはんを食べた帰り道に、たまたま乙姫農免道路を通って、米原市清滝(まいばらし きよたき)を通ったときのことです。 清滝の広場に生えている桜の木が満開だったので、花見の時期に母を連れて徳源院に立ち寄ったことを思い出しました。 ただ...
スポンサーリンク

清滝寺徳源院は、京極家の菩提寺

徳源院の入り口

徳源院の入り口

清滝寺は、佐々木家の分家である京極家の初代、氏信(うじのぶ)が建てたお寺です。
京極氏信の法号が「清滝寺」だったことから、そう名付けられました。

京極家の菩提寺になっており、左手奥にある京極家墓所には歴代当主のお墓が並んでいます。

もともとは別々の菩提寺に祀られていたのですが、讃岐国の丸亀藩主であった京極家22代目の高豊(たかとよ)が、墓石を集めてこの寺にお祀りし直したそうです。

境内には、2本の道誉ざくらが植えられている

徳源院の境内に入ると、エドヒガンという種類の 2本の大きな枝垂れ桜があります。
京極家5代目の高氏(たかうじ)のお手植えと伝えられています。

京極高氏は 31歳で仏門に入り、法名を「道誉(どうよ)」と名乗ったので、「道誉ざくら」と名付けられました。

ただし現在の「道誉ざくら」は 2代目と 3代目で、お手植えとされる初代ではありません。
それでも 2代目の樹齢は約350年ほどあり、かなりの老木になっています。

客殿から庭園を眺める

さて客殿の玄関に来ると、「本日は予約なしで庭園を拝観できます」と書かれていました。
もしかすると滅多に拝観できないかも知れないので、拝観料を支払って入ることに。

縁側に座って庭園を眺めていると、住職の方が温かいお茶をご馳走してくださいました。

徳源院の庭園は池泉回遊式庭園になっていて、小堀遠州作ともいわれています。

庭園をよくみると、橋や石段が設けられているのですが、園内を歩くのは無理なようです。
また本来であれば、水が張られているはずの中央の池に、水はありません。

紅葉したカエデの枝

なお秋になるとモミジが真っ赤に色づくので、その頃が特におすすめのようです。

本堂を通って位牌堂へ

玄関から左の方へ進んでいくと、本堂があります。

本堂の右側の部屋は障子が開け放してあり、庭園を一服の絵画に見立てて楽しめるようです。
また左の部屋には、大胆にはみ出した幽霊の絵の掛け軸が、飾ってありました。

位牌堂に続く廊下は宝物殿のようになっていて、徳源院のお宝が飾ってあります。
一番奥の位牌堂には、歴代の当主の姿を写した人形が厨子に入れられ、並べられていました。

 

次は再び徳源院の境内を見て歩きます。

【滋賀】米原市清滝にある清瀧寺徳源院の周辺を巡る その3 (墓所と観音山篇)
昨日(2019年04月07日)、滋賀県長浜市(ながはまし)でごはんを食べた帰り道に、たまたま乙姫農免道路を通って、米原市清滝(まいばらし きよたき)を通ったときのことです。 清滝の広場に生えている桜が満開だったので、久しぶりに徳源院の桜を見に行くことに。 清滝寺徳源院の境内で、2代目と ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました