【滋賀】敦賀道の難所である刀根越え(倉坂峠)の滋賀県側、柳ヶ瀬に行ってきました

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前、福井県敦賀市刀根(つるがし とね)を通る県道140号線の、柳ヶ瀬トンネルの西側にある丁字路から林道に入って、行き止りから玄蕃尾城まで登ったことがあります。

登山の途中で旧敦賀道の刀根越え(久々坂峠)を通ったのですが、滋賀県側がどんなところなのか気になったので、見に行ってきました。

スポンサーリンク

昔は宿場町として栄えた、柳ヶ瀬へ

敦賀道の難所である刀根越えの滋賀県側は、長浜市余呉町柳ヶ瀬(ながはまし よごちょう やながせ)です。

峠のふもとにある集落なので、国鉄北陸本線が開通して移動が便利になるまでは、柳ヶ瀬宿として大いに賑わったようです。

長浜市余呉町を通る国道365号線を南から北へ走っていたら、「柳ヶ瀬」の標識が出ていたので集落の中に入り、北の端の分かれ道の間にある駐車場に自動車を停めました。

柳ヶ瀬宿の分かれ道

倉坂峠と玄蕃尾城についての案内板
倉坂峠と玄蕃尾城についての案内板

訪れたときはまだ 6月だったので、額紫陽花(がくあじさい)の花が咲いていました。

あまりにも美しいので花を見に行くと、分かれ道のところで、自然石に刻まれた道しるべと、倉坂峠(くらさか とうげ)と玄蕃尾城(げんばおじょう)の説明板を見付けました。

自然石の道しるべ

道しるべ(左)敦賀、三国船乗り場(右)越前、加賀、能登道
道しるべ(左)敦賀、三国船乗り場(右)越前、加賀、能登道

自然石の道しるべには、次のように刻まれていました。

  • 左 つるが 三国ふ袮のり者(=敦賀 三国船乗り場)
  • 右 ゑちぜん かゞの登道 (=越前 加賀能登道)

三国船乗り場とは、敦賀湊で三国湊行きの船に乗れるという意味だと思われます。
山を越えて越前に入るのは大変なので、船賃を出せる人は、船で三国湊まで行ったのでしょう。

三国湊は、福井県坂井市三国町(さかいし みくにちょう)にあります。
江戸時代において敦賀湊と三国湊は、越前を代表する湊町でした。

倉坂峠と玄蕃尾城

説明板には、倉坂峠と玄蕃尾城についての記述がありました。
不思議に思ったのは、峠の名前が「倉坂峠」になっていることです。

敦賀道の刀根越え
敦賀道の刀根越え(現地)

以前その峠に行ったとき、そこには「久々坂峠(くぐさか とうげ)」になっていました。

ボクの推測では、鬱蒼とした森の暗い坂道だったので「くらさか」なのだと考えています。
いろんな書き方があり、「倉坂」や「久良坂」などと記したのでしょう。

現代のように学校教育が盛んになる以前は、同じ地名を表していても、人によって使う漢字が違っていたようです。

倉坂の入り口まで

倉坂峠(刀根越え)と玄蕃尾城址への道は、あまり案内板などがありません
あらかじめ大体の予想をしてから、登山口まで歩く必要があります。

これから山登りが始まるというところで、ようやく案内板が木に立てかけてありました
登山道はあまり人が歩いていないらしく、枯れた杉の枝が散らかっています。

結局、倉坂峠に着くだけなので、実際に登るのは止めておきました。

あとがき

説明板によると、明治元年に明治天皇が旧敦賀道を通って、北陸へ巡幸されたそうです。
当時はまだ、国鉄北陸本線が開通していなかったので、旧敦賀道は主要道だったのです。

そういえば以前、福井県南条郡南越前町(なんじょうぐん みなみえちぜんちょう)の今庄宿を散策したとき、明治天皇今庄行在所がありました。

馬車

馬車などに乗って移動したのだと思っていたのですが、山歩きをしたとなると大変そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました