【滋賀】長浜市の虎御前山を縦断してきました その7 (北側登山口から駐車場へ篇)

超低山登山
この記事は約4分で読めます。

以前から気になっていた、滋賀県長浜市中野町(ながはまし なかのちょう)の虎御前山(とらごぜんやま)を南から北へ縦断してきました。

虎御前山の北側を通るたびに虎御前山の登り口を見掛けては、一度登ってみたいと考えていたのですが、ようやく虎御前山の南の端に駐車場を見付けられました。

【滋賀】長浜市の虎御前山を縦断してきました その1 (駐車場から矢合神社篇)
以前から気になっていた、滋賀県長浜市中野町(ながはまし なかのちょう)の虎御前山(とらごぜんやま)を南から北へ縦断してきました。 普段たまに虎御前山の北側を東西に横切る県道265号線を通るのですが、虎御前山の登り口を見掛けるたびに一度登ってみたいと考えていたのです。 駐車場がどこ...
虎御前山案内図

虎御前山案内図

木下秀吉陣地跡を訪れて三角曲輪の中を見て歩き、何重にも造られた帯状曲輪を下りていったあとは、虎御前山古墳に造られた柴田勝家陣地跡を見ました。

スポンサーリンク

夫婦岩は途中で断念

夫婦岩への案内板

夫婦岩への案内板

さて柴田勝家陣地跡から山道を下ってくると、木の幹に「夫婦岩」と手書きされた案内板が、くくり付けられていました。

折角なので夫婦岩を見に行ってみようと、山道を下り始めてみました。
しかし山道は狭くて急で荒れている上に、いくら下りても岩らしきものが見えてきません。

岩

ということで夫婦岩を見に行くことは、残念ながら途中で諦めることに。
目的地までの道のりを知らずに寄り道するのは、戻ることを考えると怖いものがあります。

小谷山を仰ぎ見る

尾根道に立て札

尾根道に立て札

ふたたび登山道を下ってくると、道端に立て札があるのが見えました。
谷側が開けておりあたりが明るくなっているので、そこから景色が眺められそうです。

向かいには小谷山

向かいには小谷山

いざ立て札の前に立つと、正面に小谷山(おだにやま)が見えました。
別名を大嶽山(おおづくやま)ともいうようです。

織田信長

小谷山には浅井長政(あざい ながまさ)の居城である小谷城(おだにじょう)がありました。
それを攻め落とすために、織田信長が築いたのが虎御前山城です。

虎御前山の北側の登山口へ

あとは史跡らしき地形はあっても案内が何も無いので、山道を北の方へ下っていくだけです。

ただ緩やかな南側とは違って、山道の勾配が次第に急になっていきます。
最終的には、ふもとまで続く長い長い階段を下りていきました。

虎御前山の登山口を振り返って

虎御前山の登山口を振り返って

下りてきた登山道を、登山口から振り返って見上げると、斜面の険しさがよく判ります。

傍らを見ると、地元の方が用意された杖が、たくさん溜まっていました。
虎御前山の南側から登ってきた人が、NTT の入り口で杖を借りて、ここで返したようです。

歩いて虎御前山の南側へ

ということで虎御前山の南側にある駐車場まで、歩いて戻ります。
距離的には西側を通った方が近いのでしょうが、小谷山を見たいので東側を歩きました。

小谷山の登山道は、いろんなコースを歩きましたが、やっぱり遠くから見るのが美しいです。
田園風景は普段から見慣れていますが、また違って見えました。

田んぼアート刈り入れ中

田んぼアート刈り入れ中

虎姫山展望台から眺めたときは、田んぼアートの刈り入れが始まったばかりでしたが、近くを通り掛かると、黒い部分を残すばかりとなっていました。

色ごとに分けて、稲を刈り入れなければならないので、時間が掛かるようです。

あとがき

虎御前山古砦図

虎御前山古砦図(小谷城周辺史跡案内13)

虎御前山は南の方へ長く尾を引いているようなので、長尾山ともよばれていました。
それゆえ南の方から登り始めると、知らず知らずのうちに頂上まで登れてしまいます。

結構お手頃なのですが、それでいて見どころ満載の山でした。

電車ごっこ

なお近くには、JR北陸本線の河毛駅虎姫駅があります。
虎御前山を縦断して疲れたときは、電車に乗って帰るという選択肢もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました