【滋賀】近江八幡市の津田山(奥島山)へ休暇村から その3 (P356から津田山頂上へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県近江八幡市(おうみはちまんし)の琵琶湖沿いには、津田山(つだやま)があります。
別名を奥島山姨綺耶山(いきやさん)ともいうようです。

ということで、休暇村近江八幡から津田山に登ってきました。
途中で経由した御所山以外は、登山道が整備されており歩きやすくなっています。

津田山・御所山周辺地図
津田山・御所山周辺地図

御所山頂上から、奥島山林道へ下って、津田山に登り始め、P356 まで来ました。

奇岩「天之御中主尊」

さて P356 からは一旦坂道を下って、鞍部からふたたび坂道を登っていきました。
鞍部の左右両側には竪堀のような溝があったので、もしかすると津田山には砦があったのかも知れません。

天之御中主尊
天之御中主尊

ということで、「天之御中主尊」と名付けられた奇岩の下に着きました。
津田山の南側ふもとに天之御中主尊神社があるので、ご神体の磐座だと思われます。

奇岩の前からは、琵琶湖をあいだに挟んで、はるか遠くに比良山地が見えました。
近江八景の一つ「比良の暮雪」が有名ですが、このときは昼だったので、夕暮れまでにはまだ間があります。

気がついたら、津田山頂上

奇岩からは、さらにひたすら山道を登っていきました。
勾配はだんだん緩やかになって、気がつくといつの間にか、あたりは平坦な広場のような場所に。

目の前には「津田山」と書かれた木札があって、津田山頂上にたどり着いたことが判りました。
あたりを歩いてみると、別名である「奥島山」と記された山名板も見つかります。

もちろんすぐ近くには、津田山三角点もありました。
道はさらに長命寺方面へと続いていましたが、正午を過ぎたので、天候が悪くなる前に帰ることにします。

奥島山林道から休暇村方面へ

さて来た道を奥島山林道まで戻ってきたら、案内板にしたがって休暇村まで戻ることにしました。
横がけ道がしっかりと整備されているので、道に迷う心配はありません。

ところによっては坂道もありましたが、そういう場所には丸太階段が設置されていました。
なお倒木が道を塞いでいる場所は、倒木を切断して通り道が開けられています。

ということでかなり遠回りして、一番最初の分岐点まで戻ってきました。
あとは休暇村方面へ下っていくだけですが、途中間違えやすい場所があるので注意が必要です。

あとがき

以前、小田ヶ浜園地から山を越えて、ふもとの休暇村キャンプ場まで行ったことがありました。
至るところに倒木が横たわっており、迂回ばかりを強いられる羽目に。

ところが津田山への登山道はしっかりと整備されており、すんなりと山頂まで登れてしまいました。
あまりにも時間が掛かるようだったら、引き返すことも視野に入れていたのですけどね。

吹雪

長命寺山に連なる山の中で津田山は最高峰なので、登る人が多いのでしょうね。
途中で雪が降ってきたのですが、無事に下山できて良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました