【大阪】新世界の通天閣と大阪城公園に行った話 その1 (なんば篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

以前、急に吉本新喜劇(よしもとしんきげき)を見たくなり、次の日の早朝に、大阪まで出掛けたことがありました。

大学時代は、大阪市旭区に住んでいたのですが、そのあとは社会人1年目の年に、1度来ただけでしたので、久しぶりの大阪でした。

スポンサーリンク

吉本新喜劇を見に大阪へ

JR東海道本線をJR大阪駅で降りて地下に下り、梅田駅から地下鉄御堂筋線に乗って、なんば駅で降り、地上に出ました。

寄席

商店街の中をすこし歩くと、劇場「なんばグランド花月」に着きました。
そうえいば、NHK朝ドラ「わろてんか」の中では、寄席の名前は「風鳥亭」でした。

2つの名前を合わせると「花鳥風月」になり、風流な四字熟語になります。

吉本新喜劇は予約でいっぱい!

ネットでチケット購入

まだ早朝だったのですが、劇場の席はすでに予約でいっぱいでした。

残っているのは、立ち見席ぐらいなので、落ち着いて座って見られません。
これは失敗!ネットで予約しておくべきでした。

吉本新喜劇オフィシャルサイト

吉本新喜劇を観るのを諦めることに

演劇

吉本新喜劇は、社会人 1年目の年に、会社で知り合った同じ大学の別の学科の友達と、大阪で待ち合わせて、見に来たことがありました。

そのときは、立ち見席だったのですが、お盆の時期だったので、そのせいで混んでいるのだとばかり思っていました。

漫才師

しかし、吉本新喜劇は大人気のようで、いつでも混雑しているようです。
今回も、立ち見席というのはしんどいので、諦めて別なところへ行くことにしました。

その前に、すこしなんばを探検したくなりました。

自由軒の名物カレーとは?

名物カレー

大阪のなんばで有名なカレーライスといえば、自由軒の「名物カレー」です。

「名物カレー」とは、あらかじめ作ったカレーのルーとご飯をフライパンで混ぜ合わせ、皿に持ったあとテッペンに窪みを作り、そこに生玉子を落としたものです。

ソースを掛ける

生玉子に、ウースターソースをお好みで掛けて、生玉子を混ぜながら食べます。
ただ単に、カレーとご飯と生玉子を混ぜただけのものとは、一線を画します。

やっと見つけた!自由軒

前回は、大学の友達に連れられて来たので、自由軒の明確な場所を憶えていません。
次回また来たときのために、ちょっと探してみることに。

劇場「なんばグランド花月」から北西方向、地下鉄なんば駅の周辺をウロウロすること数分。

食堂

ビックカメラの前あたりで、自由軒を見付けられました。
もちろん、朝早いので開店前でしたが……。

大阪名物 自由軒の名物カレー【自由軒オフィシャルサイト】
大阪 難波 自由軒の公式サイトです。−伝統が残る味・大阪名物カレー−

堺筋を通天閣へ向かう

では、いよいよ通天閣(つうてんかく)へ向かいます。

正確な場所は判りませんでしたが、何となく日本橋電気街の近くということは、知っていました。
徒歩で適当に東へ進み、堺筋まで出たら、南へ向かいました。

「大阪日本橋(おおさか にっぽんばし)でんでんタウン」のあたりを歩いていると、頻繁にコスプレの方たちとすれ違いました。

たぶん、コスプレのイベントでもあったのでしょう。
しかし、そのとき季節はまだ冬だったので、ちょっと寒そうでした。

日本橋筋商店街振興組合 でんでんタウン オタロード(日本橋筋西通商店会)OFFICIAL WEBSITE
日本橋筋商店街振興組合 でんでんタウン オタロード(日本橋筋西通商店会)OFFICIAL WEBSITE

むかしは朝から飲んでいるおっちゃんが

さらに、恵美須町まで歩いてくると、広い通りの向こうに通天閣が見えてきました。

居酒屋

むかし、大学の友達と新世界に来たときは、せまい路地の中を通って、通天閣まで行きました。
朝から営業している飲み屋の中には、昼間っから飲んでるおっちゃんたちが、居ましたっけ。

新世界より

通天閣

しかし、新世界には通天閣本通という広い通りもあるようです。
奥に通天閣が見えるので、歩いているうちに、迷わず通天閣の真下に来ました。

王手をする女性

ここは、NHK朝ドラ「ふたりっ子」の舞台になった場所です。
ちょっと「通天閣将棋センター」を探してしまいました。

新世界ネット
新世界ネットは大阪 新世界のカルチャー・グルメ・エンターテインメント・イベントなどの最新情報を発信するニュースサイトです。

次回は、通天閣の中に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました