【滋賀】湖南市平松のウツクシマツ自生地と美松山三角点を訪ねて

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県湖南市平松(こなんし ひらまつ)には、ウツクシマツ自生地があります。
山中ではあるものの、旧東海道からほど近いこともあり、江戸時代には多くの人が訪れたのだとか。

天然更新(世代替わり)が行われているので、自生地が国指定天然記念物になっているそうです。
ウツクシマツそのものは、何にも指定されていません。

ということで、平松のウツクシマツ自生地を見に行ってきました。
ついでに、美松山(びしょうざん)三角点にも登っています。

うつくし松駐車場へ

まずは、うつくし松駐車場へ向かいました。
JR甲西駅南口の交差点から南へ入って、坂道を登っていくと、道路の左側に駐車場があります。

ところが道路と駐車場のあいだには側溝があって、グレーチングが一部しかありませんでした。
側溝の幅がせまいので渡れそうですが、ハマらないように注意が必要です。

うつくし松駐車場
うつくし松駐車場

なお国の天然記念物に指定されているのは、平松ウツクシマツ自生地という場所です。
駐車場に設置されている案内板に、誤解を招く書き方がされているので、勘違いしてしまいそうです。

平松うつくし松自生地を散策

うつくし松はすでに駐車場から見えていたのですが、折角なので自生地の中を歩きに行きました。
もう一つの駐車場の脇から坂道を登ると、松を眺めるための広場が整備されています。

さらに高いところまで登って、うつくし松の点在する斜面を見下ろしてみました。
一般的な松とは違ってシュッとしており、根もとで分かれた枝がまっすぐ上方へ伸びています。

ちなみにシダ植物を踏み分けながら、てっぺんまで登っていくと、段だんになった平坦地があるだけでした。
もしかすると砦跡かも知れませんが、説明板などは何もありません。

美松山三角点に登って

さてうつくし松自生地のつぎは、美松山三角点まで登ってみることに。
うつくし松の生えている山が美松山だと思いますが、地理院地図では三角点のある場所が美松山です。

ジメジメした谷あいの山道を歩いていると、多度神社を指し示す案内板がありました。
美松山三角点のことだと思われますが、地元の人は認めていないようで「美」の字も書かれていません。

ということで、美松山三角点にたどり着きました。
気づきませんでしたが、祠(ほこら)のとなりの木に、山名板がぶら下がっていたようです。

あとがき

近江国輿地志略下巻(コマ番号:11/241)を調べると、「美松」に「みごまつ」とルビが振られていました。
たぶん「見が欲し松(意味:見たい松)」が転訛したしたものと思われます。

江戸時代の旅人男性

うつくし松は江戸時代、多くの人が訪れる観光名所だったそうです。
ところがうつくし松を見るためには、旧東海道から山中へ寄り道しないといけません。

多くの人を呼び寄せるため、うつくし松に「みがほしまつ」という別名を付けたのではないでしょうか。
現在、旧東海道を歩いて旅する人はいなくなり、訪れる人は少なくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました