【滋賀】奥琵琶湖葛籠尾崎の山田山へ奥出浜園地から その1 (駐車場からパークウェイへ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県の琵琶湖(びわこ)の北部は、通称「奥琵琶湖」と呼ばれています。
奥琵琶湖の北側は山が多く、半島が2本突き出ているので、東西を行き来するのは大変だったことでしょう。

グーグルストリートビューで、奥琵琶湖パークウェイを眺めていたときのこと。
道路脇でたまたま「近江湖の辺の道」と記された案内板を見つけました。

ということで、葛籠尾崎(つづらおざき)の山田山に登ってきました。
南北に伸びる尾根筋だけは遊歩道が整備されていましたが、あとは踏み跡とアプリを頼りに歩いています。

葛籠尾崎中部地図
葛籠尾崎中部地図

奥出浜園地の駐車場へ

まずは、葛籠尾崎の付け根にある奥出浜園地の駐車場へ向かいました。
国道303号線の丁字路「大浦口」から南へ入って、「丸子船」で有名な大浦集落を通り抜けます。

琵琶湖沿岸に出たら、曲がりくねった道を進んでいきました。
程なく湖側に、木立に囲まれた奥出浜園地とその駐車場が現れます。

奥出浜園地と道路のあいだには、早くも近江湖の辺の道の案内板がありました。
ただ案内板に示された通り菅浦を回っていくと、遠回りになるので避けたいところです。

田んぼを通り抜けて山中へ

ということで田んぼを通り抜けて、山に登ってしまうことにしました。
獣害防止柵のゲートを通り抜けたあとは、まっすぐな道路を山へ向かって歩いて行きます。

山際にたどり着いたら、今度は獣害防止柵の小さな扉を通り抜けました。
山に比べて田んぼの面積が小さいので、田んぼのまわりを柵でぐるりと囲んでいるようです。

百姓

山の中に入ると、あたり一帯が横に長い石垣で段だんになっていましたよ。
むかしは便利な移動手段がなかったので、農家の方は田んぼの近くで生活していたのでしょうね。

踏み跡をたどって近江湖の辺の道へ

さて獣害防止策の扉からは、谷あいを登るのを避けて、尾根を登っていくことにしました。
ふもとの近くは、林業の方たちのよってきれいに枝打ちされた、スギの植林地帯が広がっています。

途中で踏み跡を見つけてからは、ひたすら踏み跡どおりに登っていきました。
ただ倒木が横たわっていることもあるので、その点は注意が必要です。

最終的に踏み跡がなくなって、ためしに斜面を斜めに登っていくと、何とか尾根筋にたどり着けました。
丸太階段が敷かれているので、どうやら遊歩道のようです。

奥琵琶湖パークウェイに合流

ということで今回は、遊歩道を北へ歩いてみることにしました。
進路を塞(ふさ)ぐ倒木は伐採されており、紛らわしい場所は杭で進路が示されています。

遊歩道の途中には、近江湖の辺の道の立て札も設置されていました。
クマの出没するおそれがあるので、鈴や笛、ラジオを鳴らすよう注意書きされています。

急な丸太階段を下っていくと、奥琵琶湖パークウェイに合流しました。
つづらお崎展望台を訪れた自動車やオートバイが、ときどき帰っていきます。

道路標識の「葛籠尾崎」の「籠」の字が「龍」になっていました。

つぎは山田山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました