【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その4 (ブナの森コース頂上篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。

駐車場には数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。後日改めて訪れると、湿原の風景を眺められるハイキングコースでした。

【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その1 (やまかど・森の楽舎篇)
以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。 道路の脇を見ると、駐車場があって数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。 その日は帰る途中だった...
山門水源の森のコース案内

山門水源の森のコース案内

(12)南部湿原展望台から登山道を登り始め、ヒノキの森を抜けて小窓展望所から景色を眺めた後は、大岩の転がってる道を登ってきました。

スポンサーリンク

ブナの森とササ原再生試験地

徐々に広葉樹が増えてきたと思っていたら、とうとうほぼブナの木ばかりになりました。
ブナの木は寒いところを好むそうなので、高いところに生えているようです。

ちなみにブナ科の木には他に、ナラの木カシの木シイの木クリの木などがあります。
それらの木の実はドングリと呼ばれていますが、種類によって形は様々なようです。

さらに登っていくと、青い防獣ネットが張られている一帯に着きました。
かつてシカによって食べ荒らされてしまった、ササを試験的に再生しているそうです。

ササをさらなる獣害から守るため、防獣ネットは頂上の方まで続いていました。

中窓展望所と守護岩

中窓展望所

中窓展望所、奥に行市山、手前に日計山

もうすこしで頂上というところまでくると、中窓展望所がありました。
立っていた場所が悪かったのでしょうが、見える景色がかなり狭くなってしまいました。

立ち位置が良くて見晴らしが良ければ、はるか遠く伊吹山まで見えるそうです。

さて頂上までやってくると、しめ縄が張られた守護岩がありました。

小さめの花崗岩ですが、「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」の守り神なのだそうです。
毎年元日には参拝して、森での安全を祈願し、しめ縄を新しく張り替えるそうです。

守護岩の奥から下山

守護岩の奥へ

守護岩の奥(北)へ

守護岩のある頂上は広々としているので、何かめぼしいものは無いか、ちょっと散策していると、奥の方に「順路」と書かれた案内板を見付けました。

ただ歩いた跡が地面にはっきりと付いていないので、何だかちょっと不安です。

それでも下りていくと、ピンク色のテープがあちこちの木に巻かれていました。
ピンク色の目印をたどっていくと、ようやく案内板のある道まで来られました。

大窓展望所とジョーズ岩

大窓展望所

大窓展望所

大窓展望所からは、広い範囲に渡って、遠くの方まで山々を眺められます。
ただ同じような高さの山が続いているので、どれがどの山なのか見分けるのは難しいです。

天気に恵まれれば、伊吹山琵琶湖鈴鹿山系までもが見えるそうです。

ジョーズ岩

ジョーズ岩(谷側から)

大窓展望所からすこし下りてくると、ジョーズ岩とよばれる岩がありました。
ジョーズ岩は谷側から見ると、サメが水面から頭を出しているように見える岩です。

ホホジロザメ

名前の元になったのは、「ジョーズ」という 1975年に公開されたアメリカ映画でしょう。
巨大人喰いザメと人間との戦いをテーマにした恐怖映画で、続編も作られました。

若い人には判らないのかも知れません。

 

さらにブナの森コースを歩きます。

【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その5 (ブナの森コース北部篇)
以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。 駐車場には数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。後日改めて訪れると、湿原の風景を眺められるハイキング...

コメント

タイトルとURLをコピーしました