【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その5 (ブナの森コース北部篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。

駐車場には数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。後日改めて訪れると、湿原の風景を眺められるハイキングコースでした。

【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その1 (やまかど・森の楽舎篇)
以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。 道路の脇を見ると、駐車場があって数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。 その日は帰る途中だった...
山門水源の森のコース案内

山門水源の森のコース案内

(8)ブナの森を抜けて中窓展望所から景色を眺め(6)守護岩を訪れた後は、下山を初めて大窓展望所から山やまを眺め、ジョーズ岩を谷側から楽しみました。

広葉樹の森と北分岐

この山は至るところに花崗岩が転がっているようです。

ジョーズ岩からしばらく下ってくると、いくつかに分割された花崗岩も見付けました。
もともとは 1塊(かたまり)だったのに、木の力によって離されてしまったようです。

なお「ブナの森コース」の北側にも、たくさんのブナ科の木が生えています。
かなり密集して生えているので、ちょっと薄気味悪くもありました。

北分岐

北分岐(奥)駐車場(右)四季の森

登山道を下ってくると、四季の森への分かれ道である北分岐に着きました。
今回は「ブナの森コース」を歩いているので、ふもとの駐車場を目指します。

アカガシの森のロープの意味

アカガシの森に入ると、登山道の一方だけに杭が打ってあり、ロープが張ってありました。

ロープの向こう側は急斜面や断崖絶壁(だんがいぜっぺき)ではなく、比較的なだらかな斜面なので危険ということはありません。

入場禁止

実はロープで囲んだ中のものを保護するため、立ち入りを制限しているようです。
このあと歩いていった先の解説板で、やっとそのことが判りました。

異様な萌芽更新の森

萌芽更新したブナの木

萌芽更新したブナの木

さてアカガシの森を歩いていると、至るところに異様な姿の木を見掛けるようになりました。
不思議なことに、木の根本あたりから何本もの幹が一様に上へ伸びています。

アカガシなどの広葉樹は伐採したとしても、切り株から新たな芽がいくつも出てきます
このようなことを萌芽更新(ほうがこうしん)というそうです。

木炭

アカガシの森の木は、かつて木炭の原材料として何度も何度も伐採されました
現在は木炭の需要が減った
ので、木がそのまま放置され、育ち放題になっています。

ユキバタツバキの群生地を迂回して

椿坂

椿坂

せっかく山を下ってきたと思ったら、再び上り坂になってしまいました。
地図を見ると、登らずに済むコース取りも出来そうですが、大きく遠回りしています。

ツバキの花

実はその坂道は「椿坂」と名付けられています。

希少種であるユキバタツバキの群生地を迂回しているのですが、すぐ近くから観察できるように、キワキワのところを通っていました。

ただユキバタツバキの花の咲く時期は 3月上旬から 5月上旬です。
時期が合っていないので、花は観察できませんでした。

 

さらにブナの森コースを歩きます。

【滋賀】長浜市西浅井町の山門水源の森を巡る その6 (ブナの森コース東部と尾根道篇)
以前、滋賀県長浜市西浅井町(ながはまし にしあざいちょう)の県道286号線を、南から北へ走っているとき、道端に「山門水源の森(P)」の案内板を見掛けました。 駐車場には数台の自動車が停まっており、そこから森の奥へと道が続いているのが見えます。後日改めて訪れると、湿原の風景を眺められるハイキング...

コメント

タイトルとURLをコピーしました