【滋賀】長浜市石田町にある横山城址をひと回り その3 (二段堀切を越え山頂へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

石田三成(いしだ みつなり)の出生地である、滋賀県長浜市石田町(ながはまし いしだちょう)のすぐ近くには、南北に長く連なる横山があります。

その山頂には横山城址があって、ハイキングコースが整備されているようなので、くるっとひと回りしてきました。

【滋賀】長浜市石田町にある横山城址をひと回り その1 (日吉神社登山口篇)
滋賀県長浜市石田町(ながはまし いしだちょう)といえは、石田三成(いしだ みつなり)の出生地として、知っている方も多いのではないでしょうか。 すぐ近くには南北に長く連なる横山があって、その山頂には40ヶ所以上もの曲輪からなる山城、横山城址があります。 山頂までハイキングコースが整備されて...

町石を数えながら横山を登っていたら、ようやく横山城址の遺構の一つである、土塁にたどり着きました。

スポンサーリンク

曲輪とよばれる区画

横山城の曲輪跡

横山城の曲輪跡

さて横山城の土塁跡を見上げながら丸太の階段を上がってくると、そこには曲輪とよばれる広くて平らな区画がありました。

平屋の古民家

現在はすっかり雑木林になっていますが、かなりの広さなので曲輪として使われていた当時は、生活するための屋敷などが建てられていたと思われます。

そもそも最初に見た土塁跡は、この曲輪を強固なものにするために、周りに付け加えられたものだったようです。

乗り越えるのが大変な、二段堀切

横山城の二段堀切跡(手前)

横山城の二段堀切跡(手前)

曲輪の中を奥へ進むと、今度は堀切が 2つ連続した二段堀切(にだん ほりきり)とよばれる、場所が現れました。

堀切とは、山の尾根などを人工的に削って、空堀を造ることで道を切ったもの。

山城に登ると堀切をよく見掛けますが、二段になった堀切は初めて見ました。
手前の堀切には当時、橋が無かったはずなので、かなり越えにくかったと思われます。

横山城の二段堀切跡(奥)

横山城の二段堀切跡(奥)

堀切を 1つ越えると真正面には、行く手を阻(はば)む大きな壁がそびえていました。
当時から左側に通路があったと思いますが、狭いので攻め入るのが難しかったはずです。

曲輪に作られた休憩所

狭い通路を登ったところには、これまた広くて平らな曲輪がありました。
周りを見渡すと、やっぱり端が盛り上がっているので、土塁が設けられているようです。

芝生で寛ぐ家族

また曲輪の中央には、ベンチとテーブルが設置してありました。
周囲は木立に囲まれて日かげになっているので、休憩するのに都合が良いのでしょう。

町石「あと一町」

町石「あと一町」

さて曲輪を出発しようとすると、「城跡まであと一町」と刻まれた町石を見付けました。
もうすでに城跡の中にいるので、町石が表していたのは山頂までの距離だったようです。

横山の頂上に到着

横山の頂上がすぐ近くにあるということになると、俄然やる気が出て足取りも軽やかです。
最後の丸太の階段はちょっと長かったのですが、途中で休むことなく登っていけました。

横山頂上(正面に伊吹山)

横山頂上(正面に七尾山と伊吹山)

山頂に着くと、正面には七尾山伊吹山の雄大な姿が現れました。
どちらも普段は見上げることが多いのですが、すこし高めの位置から見るのもいいものです。

ただ曇り空だったので、あまり見映えは良くありませんでした。

 

さらに横山頂上からの景色を堪能します。

【滋賀】長浜市石田町にある横山城址をひと回り その4 (山頂の北城から南城へ篇)
石田三成(いしだ みつなり)の出生地である、滋賀県長浜市石田町(ながはまし いしだちょう)のすぐ近くには、南北に長く連なる横山があります。 その山頂には横山城址があって、ハイキングコースが整備されているようなので、くるっとひと回りしてきました。 横山城址の中に遺る土塁や曲輪、二段...

コメント

タイトルとURLをコピーしました